ひもじい 方言。 鹿児島県方言集(は〜ひ)

大任町(方言)

ひもじい 方言

二人は結婚し、金持ちになった。 >宮崎の方言・宮崎弁 宮崎の方言・宮崎弁 宮崎弁で話してみらんね いまはほとんど使用していない言葉もありますが昔を思い出す人もいるのではないでしょうか 他の人の会話・自分達の会話中で突然出てくる方言をメモして掲載しましたので 方言か準標準語の区別がつかない言葉があり準標準語が混ざっているかもしれません。 ガンジュー ヤロルンサー? 成功する たっせいする つんがけ 突然 だしぬけ つめくる つめるの訛 つめでひねる てがう からかうこと からかう ていでい 丁寧の意 ていねい でてきいや お出でなさい おいでなさい てこすにあわん てこにあわん てにおえない てこい 手強いの訛 てごわい でく でこの訛 にんぎょう てこにあわん 力におよばん てにおえぬ てんや 売店、掛店のこと かけみせ てんで 全然、全く かいもく てんごう 馬鹿なこと ばかなこと てんこす てっぺん、頂上のこと いただき てんくろ 人をだます名人 わるがしこい てんごう いたずら、理屈 いたずら とと 父、夫 ちち とま 鼬のこと いたち どべ 泥の訛 どろ とぎ 仲間 つれ どうしたら どうしてものこと どうしても どうぞ 咎める意 どうしたことぞ とっとの 非常な、全く ひじょうな どまぐれる 大いに驚き途方にくれる とほうにくれる どくれる 反骨もの、すねる はんこつ どやす 強くたたき叱る つよくしかる とてもたまるか それはまあのこと それはまあ どれっちゃあ いずれも どれも とそんど 不注意 けいそつな とろくさい とろいこと とろい とこまえる 捕まえること とらえる どんくさい にぶいこと おろか とうぜ してくださいの意 してください とっと 遙かなこと はるかに とぶくら 戸袋のこと とぶくろ とろくそ 沢山のこと たくさん なあ 縄のこと なわ なかんこ ねんねこに同じ ねんねこ なすくる 塗りつけること ぬりつける なんちゃあ 何でものこと なんでも なぐらかす なぐれさすの訛 てまをとらせる なきみそ よく泣くこと よくなくもの なそい なよいの訛 なよい・つよくない なんちゃ 何ということか なんということか なっちゃせん ごく不出来のこと なっておらん ないだり 何々など など なんつぜよ なんですか なんですか なんぼか とれ程か どれほどか にの 蓑のこと みの にいた 似たに同じ にた にくてな にくにくしいこと にくにくしい にえくりかやる 腹が立って堪えられん はらがたつ にんやか 賑やかの訛 にぎやか にゃくい 年の割に若若しい わかわかしい にんげ 人間のこと にんげん にんにん にこにこのこと にこにこ にいた 煮たこと にた ぬいやげ 縫い上げのこと ぬいあげ ぬくめる 盗み隠す ぬすむ ぬくい 何何しにくい にくい ぬばす 延ばすの訛 のばす ぬぶ 延ぶの訛 のぶ ぬれぼちゃ ずぶ濡れ ずぶぬれ ねしょおされ 女性を軽蔑して言う おんな ねめる にらむこと にらむ ねぶる なめること なめる ねたぼける 寝とぼける ねとぼける ねぶたい ねむい ねむい ねんごろ 残らず、すっかり すっかり、ぜんぶ ねんがける 心にかける こころにかける ねき かたわら かたわら、となり ねや 寝床 ねどこ ねや 何々でございます ねえ のおせ のおしに同じ、ねえ ねえ のだる 生育する、そだつ そだつ のとろ 非常に多く たくさん のかな のんきな のんきな のしきる 非常におめかしをする だてをこく のしきる 難関を乗り越える のりこえる のす おめかしをする おめかしする のす いじめこらしめる こらしめる のとろくそ 非常に多い、ひどくの意 ひどく、たくさん のおなる 無くなること なくなる はぐいた 羽子板 はごいた はいがぬるい 悟りが悪い、はきはきしない さとりがわるい ばる 小便をする しょうべんする ばかちん 馬鹿に同じ ばかもの はちきん お転婆 おてんば はがいい 歯がゆいの訛 はがゆい はったか お転婆 おてんば はんた 半途のこと とちゅう はしかい 短気者のこと たんきもの はんど 水がめのこと みずがめ はたらげる 乱雑に取り乱す とりみだす はまる はいる はいる はらがひつく 空腹になる はらがすく ばばいい まばゆいこと まばゆい ばっさり しまった しまった ばっかり ばかりの訛 ばかり ばあ これくらいのこと ばかり ひだるい ひもじいの訛 ひもじい ひきさがす 取り散らす らんざつ ひがちになる 熱中する ねっちゅうする ひしゃげる ひしげるの訛 ひしげる びんす 子供のこと こども ひんずと 自然に しぜんに ひすい こすい、ずるい ずるい ぴっと 少し すこし びっしり いつも、始終 いつも ひせる 叫ぶこと さけぶ ひやい 冷々する、さむい さむい ひこずる ひきずるの訛 ひきずる ひうきだけ 火吹竹のこと ひふきだけ びんずる 拗ねる すねる ひんずに 自然に、ひとりでに しぜんに ふりくる 振り回すこと ふる ふとい 大きいこと おおきい ふるつく 梟のこと ふくろう ぶつ 打つの訛 うつ ふずき ほおずき はおずき ぶち 十分に煮えないご飯 かたごはん ふここち 病気、不快 びょうき ふぢくら 麻裏のこと あさうら ぶらくる ぶらさがるに同じ ぶらさがる ぶんぶ 水(幼児語 みず ふごめ ふんどしの事 ふんどし ふつくろ 懐のこと ふところ ふてる 捨てること すてる へえもさま 子供の病気、水疱瘡 みずぼうそう へんしも 早く、すぐに すぐに べえ いやです いやだ べろ 舌のこと した へこたるい 気弱い きよわい へご 悪い、悪いやつ わるい べんちゃら おしゃべり おしゃべり へさに 久しくの意 ひさしく へべれけ 泥酔のさま よいどれ べしおる 手折ること おる へち 他処、間違い ほか、まちがい ぼおふら 南瓜のこと かぼちゃ ぼっちり 丁度のこと ちょうど ほっこりせん 十分でない、それほどにない じゅうぶんでない ほがいに そのようにの意 そのように ほうけ 箒の訛 ほうき ほけ 蒸気、湯気 じょうき ぼくとう 木の細長いもの ぼお ぼくり 足駄の事 あしだ ほいと 乞食 こじき ほこる 草木が茂る しげる ほこりばあ 少しばかり すこし ほうれき 呆ける とぼける ほろびんそう 松葉ボタン 松葉ボタン ほぜる ほじるの訛 ほる ほんで それでの意 それで ほたえる 馬鹿騒ぎする さわぐ ほおたんぼ 頬のこと ほお ほいたら それでは、そうしたらの意 それでは まい 繭、眉のこと まゆ まいくる 行きまわる ほうぼうへゆく ますげ まぶたの毛 まつげ まぎれる 邪魔になる じゃまになる まざく 間引く まびく まごつく まごまこ゛すること まごまごする まんびに 平均に 平均に まっこと ほんとうに ほんとうに まま ごはん ごはん まどう 弁償する つぐなう まま お母さん はは またい よわいこと よわい まあり 毬 まり みぞい 短いの訛 みじかい みい 見なさい、見よ みなさい みがえ 現金払い げんきんばらい みぞご 溝のこと みぞ みともない 見苦しい みぐるしい みょうぶ 屏風のこと びょうぶ みみょくちょる よく似ている よくにている みてる 無くなる、亡くなる なくなる むくる 勉強する、精出す せいだす むさい 汚いこと きたない むっくら たいそう たいそう むしくる 乱暴にむしる むしる むつこい 油っこい、しつこい しつこい めしつき 飯を入れる器 めしびつ めのはらがいたい はらはらする はらはらする めげる 物の端がかげること かげる めんどくさい めんどおくさい めんどおくさい もぎ 麦の訛 むぎ もおまあ 間もなく ほどなく もえあがり 短気者 たんき もんてくる 帰ってくる かえってくる もちっと も少し いましばし もがる 反抗する はんたいする ものもの ひそひそ話し 内緒話 もっとい 元結のこと もとゆい もぢかう 反抗する 反対 やしべる 弱いものを軽蔑して虐げる けいべつする やけのやんぱち 自暴自棄 やけ やちがない けしからん事、ばかばかしい けしからん やばかる じゃまする、ねたむ ねたむ やぼす 引込勝の人 はづかりや やま 麻糸 あさいと やんちゃ 無茶なこと やけ やで 腕のこと うで やや 幼児 おさなご やりすえられた やりこめられた やっつけられた ややこしい 面倒な めんどう やらぐ 和らぐ やわらぐ やすからん けしからん けしからん やあやあ 刀のこと かたな やと 奴 やつ ゆう しておるに同じ しておる ゆんべ 昨夜 ゆうべ ゆる 水門のこと すいもん ゆすぐ すすぐに同じ すすぐ ゆのす 柚子 ゆず よんべ 昨夜 ゆうべ よけ 余計の略 たくさん よっぴと 夜更けまでの意 よふけまで ようよのかいで やっとのことで やっとのことで らちがあかん 能率が上がらん はかどらぬ りぐる 念を入れる、上手に ねんをいれる るい 親類 しんるい ろっぽう 放蕩者 ほうとう わや 汚いさま らんざつ わやにする 粗末にする、馬鹿にする そまつにする わりい 悪いこと、病気のこと わるい わりことし いたずら子 いたずらこ わしんく 私のうち わたくしのいえ. 生方俊郎の「明治大正見聞史」(1926)から中央からみたこの時代のかごしま方言の気風を感ずることができる。 さかたくりん 【解説】逆さまという意味。 「やっさと」=目の色を変えて、一生懸命に、次々に (やっさとがまださにゃ日の暮るっばい=目の色変えて頑張らないと日が暮れてしまうよ)• ひだるか 【解説】ひもじい、空腹だという意味。 ある日、女が麦の粉を炊いて男に上げると、「これは食べ物ではない」と言って、それを女にかけた。

次の

鹿児島県方言集(は〜ひ)

ひもじい 方言

「入門講座」書の単語集には約1000語を収録し、意味以外に語源や関連することわざも盛り込んでいます。 こさぐ 【解説】削り取るという意味。 宮門を守った隼人族のかん高い叫び声や吠声は、都の人びとには奇異にうつり、強い印象を与え「隼人の名にお負ふ夜声」として詠まれたのであろう。 「豆腐」は奈良時代に遣唐使によってもたらされたという。 「ふっとずる」「ふっとでる」=飛び出る• 「おうちゃっか」=横着、姑息、卑怯• 「〜すうごつなか」=〜したくない• 同じく同時代の「日葡辞書」は今も聞き覚えのあるコブ、トカギリ、ナバ、、フッ、アユル、カルウ、ネタマガリ、フセ、オロヨイ、コドイ、ネマル等鹿児島方言を含め三百種程の九州方言が収録されていて貴重な研究資料となった。

次の

土佐の方言

ひもじい 方言

「すたす」「すつる」「ほったする」=捨てる• 「ひもじい」という言葉はどのような語源があるのでしょうか。 ドシコナ いくらですか ナイスット 何をするの チェストイケ 死にもの狂いで進め データ採録中 鹿児島方言のたくさん入ったうたとして「茶わんむしのうた」が有名である。 文中の哀号「(おら)び」は、現代かごしま方言の「おらぶ」と同系統で、雄略天皇が崩御したとき、近習ハヤトが昼夜を問わず、「おらび」叫び、号泣して七日間も食べず死をともにした表現である。 その他情報がありましたらへお願いします。 このページの最終更新日時は 2012年12月19日 水 15:30 です。 「いっちょん」=全然、まったく、一つも• 「こちょばいか」=くすぐったい• 石垣市石垣 石垣市白保 与那国島 海 トゥモーリ イナガ ウンナガ 頭 ツブリ アマスクル ミンブル 雲 フゥム フゥモン ンム 以下の会話集は最大の島であるの方言に基づく。

次の

『ひもじい』は方言?正しい意味や使い方など徹底解説!

ひもじい 方言

とびしゃご ホウセン花 な なば 椎茸 なんばん かぼちゃ は ぱっちん メンコ ばばん 祖母ちゃん びきたろ、びきたん カエル(蛙) びび 魚(幼児向け) ふずき ほうずき へ オナラ へぐろ お釜等に付く黒いスス ま めしげ しゃもじ みやこんじょ みやこのじょう 都城市の事を言う めめたん いたち や やんもち とりもち 昔、木の皮を叩いて手作りのとりもちでメジロを捕っていました わ わくどびき いぼカエル(蛙) 番外編 裏にしてん 民放のTV局が2つしか無いので裏番組にする事を言う Copyright(C 2009 宮崎ガイド All rights reserved. 「づたんばら」は「胴体腹」、「土手っ腹」「布袋腹」等の語源説がある。 「~ばし、したか」=~なんか、していない:強い否定• 「たろがしんのげ」=どくだみ• 「ねーごつ」=寝言・たわごと・無いこと• 「だけんね」「そいけんさい」=だからね(理解されていない時にさらに詳しい説明など)• 「そうちのぅ」=そうなのね、そうなんだ• しゃもじ・・・杓子(しゃくし) で、 ひもじい( ひ文字)の ひは何かというと、 「ひだるい」なのです。 「メラスル」と「モウス」 「メラスル」と「モウス」 日本文典邦訳の『日本大文典』(1955)二巻の「申す」の項に『薩摩、肥前、肥後、日向等の国々於いて「上げ申す」「読み申さぬ」「聞き申さうず」など「マラスル」の代わりに盛んに使われている』とある。 うすとれー 【解説】てれくさい、恥ずかしいという意味。 外来の人がカゴシマベンの語彙やカゴシマ弁の耳ざわりになれるのに便利だったにちがいない。

次の

土佐の方言

ひもじい 方言

「腹が減って力が出ない」を意味する。 「いまかいドゲンすっとな」(これからどうするの)。 「こすか」=セコい、ずるい• 」といった意味である。 「すかん」=嫌い• 「〜やけん」=〜だから•。 勢力と云ふよりもむしろ暴力といった方があたってゐるかもしれない。 「〜がた」「~がつ」「~がと」=〜の分(500円がた=500円分)• 「えーらしか」=可愛らしい• These cookies will be stored in your browser only with your consent. 「ぐらり」=失望する、がっかりする• 東の家では神様に汚い水をかけたため幸をつけて来なかった。

次の

宮崎の方言 宮崎弁 宮崎ガイド

ひもじい 方言

気分はどうですか? 「よめる」=嫁ぐ 形容詞 [ ]• 隼人はその勇猛果敢さと呪力をかわれて天皇の警備をし、夜には犬のように吠えて警備を行っている。 「かたかた、かたちんば」=対になるべきものが揃っていない(例:靴下がかたかた)• 当時は女に名を尋ねるのが万葉の求婚作法で男の求婚に答えた歌である。 「おっちゃす」=落とす• 今後は私のことを妻として頼りにしてください。 幽霊もさぞひだるからう」と使われている。 「〜けん」=〜から(危なかけん気をつけて=危ないから気をつけて)• 「鹿児島語ト普通語」と鹿児島弁文例・語彙 末尾に示された会話文例 場面は旅館に客があがり、部屋に案内されて、火鉢と夕食を命ずるところまで。 「のうなる」=無くなる• このひ文字というのは女房言葉といい、室町時代初期ごろから使われていました。

次の

大任町(方言)

ひもじい 方言

室町時代から安土桃山時代の鹿児島方言 「日本文典」に見られる九州方言の特徴 「日本文典」(ジョアン=ロドリゲス著) 日本語訳1955年 「日本文典」(ジョアン=ロドリゲス著)1604ー日本語訳1955年」の方言のくだりをのぞいてみると都の南と北で地域的な音の変化が進み、「下(九州)の地方全般に関する附記」では、母音の「O」が「U」に変化した例を示している。 室町時代の鹿児島方言 「日本文典」 九州方言に関する文献は平安、鎌倉時代は空白になっていて詳細は不明だが16世紀になると宣教師たちの手で語学書がつくられるようになる。 青年・・・ニセ 私の・・・オイガト 近い・・・チケ 平和・・・ナカナオイ 少し・・・チット 知らぬ・・シタン ゴンザ辞典と鹿児島弁特徴 ゴンザの鹿児島方言 ゴンザの言葉の中から現代のかごしま弁に通じる語彙をひろうと際限がないが今日の薩隅方言の特徴をなす音のなまりが、すでに生じていることがわかる。 宮門を守った隼人族のかん高い叫び声や吠声は、都の人びとには奇異に映っていたらしい。 ですので、現代では女性だけではなく男性も問題なく使って良い言葉だと認識できるでしょう。

次の