コン トレイル。 【日本ダービー】コントレイル距離克服の鍵は… 持久力に富むファピアノの血が騒ぐか/競馬・レース/デイリースポーツ online

【日本ダービー】コントレイル誕生秘話(2) 矢作師が明かす“ホースマン前田幸治”の素顔 /「コントレイルの母との出会い」

コン トレイル

最初のコーナーを3番手の内で回ると、その後はじっくりと折り合いに専念した。 直前の3勝クラス・フリーウェイSのVタイムが7ハロン=1分19秒7。 さらにトレーニングセンターの調教師や騎手だけでなく、牧場関係者、馬主関係者など多方面に情報ルートを構築。 この系統は、短距離ダートを得意とするフォーティナイナー系と、スタミナ+高速決着に強いキングマンボ系に分派するが、ワグネリアンの母の父は後者のキングカメハメハ。 よろしくお願いいたします。 自身の前半ラップはホープフルSからほとんど変化がなく、上がりだけが35秒8から34秒9へと大幅に短縮。 だが、競馬は日本ダービーで終わりではない。

次の

【日本ダービー・後記】コントレイル怪物伝説!遊んでもVで無敗3冠見えた

コン トレイル

カス丸 2強が本命じゃ、何の予想にもなんないじぇい。 そんな感じでした。 ダービーの前哨戦をみるとね、今年は皐月賞で敗れた馬や皐月賞の前哨戦で負けた馬が結構勝ってるのよね。 コントレイルの2冠達成は可能か? 今年の は、無敗の皐月賞馬・コントレイルが勝ちディープインパクト以来となる無敗の3冠馬に王手をかけられるか、それが最大の焦点となっている。 そんなワールドが語る日本ダービーの最新情報は必見だ。

次の

【日本ダービー】コントレイル誕生秘話(1) 矢作師が明かす“ホースマン前田幸治”の素顔 /「出会いからして強烈でした」

コン トレイル

コントレイルは負けなしの4戦4勝じゃ。 そんな馬が11月に、2戦目で1分44秒台で勝つなんてのは常識では考えられない。 ただし、3歳春限定戦のダービーは絶対能力がものを言う。 ここ数年、東京競馬場でレコード続きなのはそのせいよ。 昨年の日本ダービー的中で60万円を超える払い戻し! 今年の日本ダービーは、 、クリストフ・ルメール騎手のワーケア、さらにアルジャンナ、ダーリントンホール、コルテジア、ヴェルトライゼンデ、ビターエンダー、ブラックホール、サトノインプレッサ、マイラプソディ、ガロアクリーク、マンオブスピリット、ヴァルコスなど曲者ぞろい。 コントレイルやモズアスコット、 そして昨年のリスグラシューや ラヴズオンリーユーなどなど、 矢作師のもとには素質馬が事欠きません。 でも去年もサートゥルナーリア1強といわれて、開けたら4着だったじぇい。

次の

【日本ダービー】コントレイル常識外の成長力!矢作師に娘・麗が直撃!本音語る(デイリースポーツ)

コン トレイル

ぜひ参考にして下さい。 そして競馬情報のプロフェッショナル集団として知られるワールドに所属し、競馬ファンへ を提供する活動を行っている。 それでこの結果。 先週のオークスに続く激戦が予想されるが、果たして第87代日本ダービー馬の称号を手にするのはどの馬か? 今年はを集めている。 気性的に燃え過ぎるところがあるし、いつも輸送競馬ですからね」。 外厩のことを中心に、 競馬をいろいろな角度から分析し、 あなたの収支に役立つ情報を提供しております。 週末の日本ダービーへ向けて、まずはこの無料情報の入手方法をしっかりチェックしておこう。

次の

【日本ダービー】コントレイルが無敗で二冠達成!父ディープインパクト以来15年ぶりの快挙|テレビ東京スポーツ:テレビ東京

コン トレイル

でもブレーキをかけるのではなく、しぶしぶ走っている感じで…。 そこでこの日本ダービーを的中させるために、競馬情報のプロに注目したい。 ぜひこのチャンスを活用し、日本ダービーの的中を手にしよう。 この調整パターンにはこだわりがある。 そう、コントレイルで牡馬2冠を 達成し、晴れてダービートレーナーと なった矢作師です。

次の

【日本ダービー】コントレイル誕生秘話(2) 矢作師が明かす“ホースマン前田幸治”の素顔 /「コントレイルの母との出会い」

コン トレイル

その圧倒的な輝きは「競馬」という枠組みを超え、社会現象にもなった。 そもそもノースヒルズさんが外国産の牝馬を買うということは、すべて繁殖を見据えてのことで、ロードクロサイトが競走馬として7戦しか走らなかったのもそういうことなんです。 2017年に生を受けたサラブレッドの頂点を決めるダービーも、絶好の馬場コンディションのままゲートオープンを迎える可能性が大。 2004年にデビューし、翌年には 武豊騎手とのコンビで1984年のシンボリルドルフ以来、20年ぶりとなる無敗の三冠を達成。 というのも、この日本ダービーは圧倒的に関西馬が強いレースだが、のだ。 馬場から引き揚げる際、本来なら大観衆で埋め尽くされているはずのスタンドに向かって、ピタリと歩みを止めて一礼した福永。 向正面では5ハロン通過61秒7のスローペースにしびれを切らした横山典=マイラプソディが一気に馬群の外をまくって先頭へ。

次の

【日本ダービー】コントレイル誕生秘話(2) 矢作師が明かす“ホースマン前田幸治”の素顔 /「コントレイルの母との出会い」

コン トレイル

その年の菊花賞は日本ダービーで負かしたマチカネフクキタルが勝利しており、サニーブライアンが怪我で引退しなければ3冠馬となっていた可能性もあった。 強い馬です」と福永も底知れない強さに脱帽するばかりだった。 この日本ダービーではを掴んでいた5番人気ワグネリアン(栗東・友道厩舎)を本命に指定。 長い年月をかけて築き上げた道の先に誕生したのが、コントレイルという至宝。 0秒6もラップを落としながらの完勝劇は、一枚上のスピード持続力があってこそなせる業だ。 むしろ、例年以上の高速馬場は健在といったところか。 付け加えれば顔もりりしく、アイドルホースと呼ばれる要素がそろっていた。

次の

【日本ダービー】コントレイル意外!?ディープに似てないかも…胸前もトモも“骨太”&顔つきに子供っぽさ― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

コン トレイル

もしかしたら、そのスピード感を気に入ってくれたんじゃないかな。 加えて自身上がりで0秒5のアドバンテージとなれば、スピード持続力、瞬発力の両面でレベルの違いを見せつけたとしていい。 ファンの皆さんが(競馬場に)いらっしゃらないのが残念でたまらないが、馬を褒めてやりたい。 皐月賞を見送ってゆったりしたローテーションで臨むわけじゃ。 内の荒れたところがなくなるから、前々で競馬ができる先行馬が断然有利になるわよ。 ですので外厩明けでレースを使い、 また外厩へ戻って調整という 外厩中心のスケジュールになりますが、 矢作師の真骨頂はと言えば、 在厩調整にて馬をしっかり変身させる事。

次の