ヨハン シュトラウス 2 世。 Category:Strauss Jr., Johann

ヨハン・シュトラウス2世の楽曲一覧

ヨハン シュトラウス 2 世

ワルツ合戦 [ ] ヨハンの『大ガロップ』を踊る人々(1839年) ランナーとの対立が決定的となったのは、にウィーン郊外の舞踏場ボックで演奏を行った時である。 ヨハン・シュトラウス年譜 1825年 10月25日 音楽家ヨハン・シュトラウス一世と宿屋(居酒屋という説もある)の娘、アンナ・シュトレイムのあいだに長男として誕生。 精神的に不安定になり、全く作曲が手につかなくなります。 まだ取っ掛かりをうまくつかんでいないようだが……。 と「 ワルツ合戦」と呼ばれる熾烈な競争を繰り広げたことで知られ、代表作には『』やワルツ『』などがある。

次の

ヨハン・シュトラウスについて

ヨハン シュトラウス 2 世

239• フレデリーカ・ポルカ Frederica-Polka op. 「 ヨハン・シュトラウス」という大きな名前と大きな遺産の守護者としての自覚から、ヨハン3世は一家の音楽を引き続き活性化させようと努力した。 133• エドゥアルト(1897年 - 1897年)• 179• インドの舞姫 Bajaderen op. 息子は革命派に属し、「革命行進曲」(作品54)「自由の歌」(作品52)などを作曲し、市民から喝采を受ける。 242• 1899年 — 75歳「ウィーンの音楽家の最期」 晩年でも若い時と同じ姿を保っていたヨハン・シュトラウス2世でしたが、化粧やポマードなどで見た目を維持していたのでした。 友人で画家のに献呈 464 ポルカ『ヘルジェミネ(=おやおや)』 Herrjemineh 『くるまば草』より 465 ポルカ・マルズカ『愛と結婚』 Liebe und Ehe 『くるまば草』より 466 クリップ・クラップ・ギャロップ Klipp, Klapp 『くるまば草』より。 29b• オペレッタへの道を歩む ヨハン・シュトラウス2世は、周囲からの震源もあり、オペレッタの作曲に取り組む決意をします。 ロシア パヴロフスクにて開催された演奏会で大成功をおさめ、シュトラウス楽団は金銭的に大きく潤いました。 『手に手をとって』とは、独墺両国の親善を祝う意味でつけられた曲名である。

次の

ヨハン・シュトラウス3世

ヨハン シュトラウス 2 世

しかし、全曲に溢れる旋律美は名作《こうもり》にひけを取らず、物語に散りばめられたワルツやポルカ、マズルカ、マーチは聴き手をうっとりさせる力を持っています。 1848年 ウィーン革命勃発。 244• ラテン語で「ペルペトゥーム・モビレ」とも 258 短2度のポルカ(=2度音程のポルカ) Sekunden-Polka 1861 当時のウイーン音楽界の重鎮ヨーゼフ・ヘルメスベルガー1世(=父)に献呈。 「 私の血には音楽が流れていた。 ピーフケとプーフケ Piefke und Pufka op. 『ウィーン音楽文化史 上 』、1989年2月20日。 1844年 父ヨハン・シュトラウスと母アンナ、正式に離婚。 ピーター・ケンプ『シュトラウス・ファミリー : ある音楽王朝の肖像』訳、、1987年11月。

次の

ヨハン・シュトラウスについて

ヨハン シュトラウス 2 世

1853年 多忙のためヨハンが病に倒れる。 , Strauss d. , Johann Strauss jr. 何故現代において知名度が低いのか? 別名『悪魔のポルカ』とも 267 ワルツ『競争』 Concurrenzen 1862 268 ワルツ『ウィーン年代記』 Wiener Chronik 1862 269 Demolierer-Polka 1862 フランス風ポルカ。 ヨハン・シュトラウスについてのまとめ ヨハン・シュトラウス2世について、余すことなく紹介しました。 家族 [ ] 4月17日にマリア・エミリエ・カロリーネ・ホーファー(1867年 - 1939年)と結婚し、妻とのあいだに4人の子女を儲けている。 41 カドリーユ [ ]• 歌詞は劇作家 リヒャルト・ジュネ 1823-1895 の詩に基づくもので、春の訪れの喜びを謳う内容で、シュトラウスはこれに春らしく朗らかな曲を付けました。

次の

ワルツ王 ヨハンシュトラウス2世の生涯と代表曲

ヨハン シュトラウス 2 世

445 ニネッタ・ワルツ Ninetta-Walzer 1893 『』より 446 ニネッタ・カドリーユ Ninetta-Quadrille 1893 『』より 447 ニネッタ行進曲 Ninetta-Marsch 1893 『』より 448 ポルカ『外交官』 Diplomaten 1893 『』より 449 Neue Pizzicato-Polka 1893 『』より。 ロシアでの活躍 ヨハンの名声はウィーンに留まらず、世界的なモノとなります。 アイゼレとバイゼレ Eisele und Beisele op. 『クラシック音楽作品名辞典 第3版』、2009年6月15日。 ただ、悲しいことに「 ワルツ」というジャンルが低俗なモノと扱われることが少なくなかったため、彼の評価は死後少しづつ過小評価を受けていきました。 初期、作曲と演奏旅行 [ ] ヨハン3世(1900年ごろ撮影) 初頭まで、ヨハン3世は精力的に作曲活動に励んだ。

次の

Amazon

ヨハン シュトラウス 2 世

ペシュトのレドゥーテンザールにおけるオーストリア・ハンガリー2重帝国のハンガリー自治2周年記念舞踏会で初演。 息子ヨハンのデビュー [ ] 今では息子のヨハンまでもが見よう見まねでワルツを作曲する気だ。 (人間環境科学 第7巻、1998年)• 最初はわだかまりがあったものの、最終的には父と協力しながら音楽活動を行っていたヨハンシュトラウス2世のもとに、これまでの仕事がのしかかってきます。 ため息のギャロップ Seufzer-Galoppe op. — 四男・『回想』(1906年に出版された回顧録) 15歳となった、ヨハンはの楽団に入り、3歳年上の楽団員と仲良くなる。 秋から5月末までは小規模な室内アンサンブルで演奏し、以後は主として客演指揮者として活動するようになった。 ケンプ 1987 p. 軽快で弾むような明るい楽曲で、息をつく間もない内に駆け抜けていきます。 ヨハン・シュトラウス1世の長男。

次の