れん ごく きょう じゅ ろう。 本堂の内陣

仏説阿弥陀経(ぶっせつあみだきょう)(縦書き)

れん ごく きょう じゅ ろう

「先ずは一手、抜け駆けをしようか」 かぷり 「ひぁっ!?」 その後、がくりと抜けた腰を支えながらゆっくりと座らせてくれた頼りがいのある腕は至極あっさり体を離れていき、そうして喜色も隠さず去った煉獄のいた場所を眺めるしかできない炭治郎は、数時間後たまたま訪れた愈史郎に脇腹を蹴られるまで体育館中をのたうち回っていた。 その傍らで強く握っていた拳を解きにかかる一回り大きな手が、優しく手の甲を撫でた。 販 はん 売 ばいの 不 ふ 振 しんや 減 げん 産 さん、それにともなう 働 はたらく 人 ひとの 削 さく 減 げんは、日本 経 けい 済 ざいの 悪 あっ 化 かにつながります。 ちなみにこの世は、此岸(しがん)という。 作者 ・・・ 小乗仏教の経典は、釈迦入滅後と500人の弟子により口伝されたものを、数百年後に文章化。 対人関係で壁を作らないのは好ましいが、警戒心の薄さは目に余る。 汝等衆生。

次の

煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅうろう)の技一覧【鬼滅の刃】!炎の呼吸の全型

れん ごく きょう じゅ ろう

瞳術 写輪眼 永遠の万華鏡写輪眼 右目大物主神 視界内で嵐を操れる。 50 11739 SS まじゅう 邪神れおそーど 2166 1386 2307 1524 1799 1013 10. 見一切義仏 ( けんいッさいぎぶつ )。 煉獄杏寿郎は自らに課した責務を全うしたものの、最終的には瀕死の状態に追い込まれる。 00 11. 舎利弗 しゃりほつ、 若有人 にゃくうにん、 已發願 いほつがん、 今發願 こんほつがん、 當發願 とうほつがん、 欲生阿彌陀佛国者 よくしょうあみだぶっこくしゃ、 是諸人等 ぜしょにんとう、 皆得不退転 かいとくふたいてん 於阿耨多羅 おあのくたら 三藐三菩提 さんみゃくさんぼだい、 於彼国土 おひこくど、 若已生 にゃくいしょう、 若今生 にゃくこんじょう、 若當生 にゃくとうしょう。 ぶっせつあみだきょう 仏説阿弥陀経 にょぜがもん 如是我聞 いちじぶつざいしゃえこく 一時仏在舎衛国 ぎじゅぎつこどくおん 祇樹給孤独園 よだいびくしゅう 与大比丘衆 せんにひゃくこじゅにんく 千二百五十人倶 かいぜだいあらかん 皆是大阿羅漢 しゅしょちしき 衆所智識 ちょうろうしゃりほつ 長老舎利弗 まかもくけんれん 摩可目健連 まかかしょう 摩訶迦葉 まかかせんねん 摩訶迦旃延 まかくちら 摩訶倶希羅 りはた 離婆多 しゅうりはんだか 周利槃陀伽 なんだ 難陀 あだんだ 阿難陀 らごら 羅候羅 きょうぼんはだい 喬梵波提 びんずるはらだ 賓頭盧頗羅堕 かるだい 迦留陀夷 まかこうひんな 摩訶劫賓那 はくら 薄拘羅 あぬるだ 阿免楼駄 にょぜとう 如是等 しょだいでし 諸大弟子 びょうしょぼさつ 竝諸菩薩 まかさつ 摩訶薩 もんじゅしりほうおうじ 文殊師利法王子 あいつたぼさつ 阿逸多菩薩 けんだかだいぼさつ 乾陀訶提菩薩 じょうしょうじんぼさつ 常精進菩薩 よにょぜとう 与如是等 しょだいぼさつ 諸大菩薩 ぎゅうしゃくだいかんいんとう 及釈提桓因等 むりょうしょてんだいしゅく 無量諸天大衆倶 にじぶつごう 爾時仏告 ちょうりょうしゃりほつ 長老舎利弗 じゅうぜさいほう 従是西方 かじゅうまんおくぶつど 過十万億仏土 うせかい 有世界 にょうわつごくらく 名曰極楽 ごどうぶつ 其土有仏 ごうあみだ 号阿弥陀 こんげんざいせっぽう 今現在説法 しゃりほつ 舎利弗 ひどがこ 彼土何故 みょういごくらく 名為極楽 ごこくしゅじょう 其国衆生 むうしゅく 無有衆苦 だんじゅしょらく 但受諸楽 こみょうごくらく 故名極楽 うしゃりほつ 又舎利弗 ごくらくこくど 極楽国土 しちじゅうらんじゅん 七重欄楯 しちじゅうらもう 七重羅網 しちじゅうごうじゅ 七重行樹 かいぜしほう 皆是四宝 しゅうそういにょう 周巾囲繞 ぜこひこく 是故彼国 みょうわつごくらく 名曰極楽 うしゃりほつ 又舎利弗 ごくらくこくど 極楽国土 うしっぽうち 有七宝池 はっくどくすい 八功徳水 じゅうまんごちゅう 充満其中 ちたいじゅんに 池底純以 こんしゃふじ 金沙布地 しへんかいどう 四辺皆道 こんごんるり 金銀瑠璃 はりごうじょう 玻黎合成 じょううろうかく 上有楼閣 やくいこんごんるり 亦以金銀瑠璃 はりしゃこ 玻黎車渠 しゃくしゅめのう 赤珠碼碯 にごんじきし 而厳飾之 ちちゅうれんげ 地中蓮華 だいにょしゃりん 大如車輪 しょうしきしょうこう 青色青光 おうしきおうこう 黄色黄光 しゃくしきしゃっこう 赤色赤光 びゃくしきびゃっこう 白色白光 みみょうこうけつ 微妙香潔 しゃりほつ 舎利弗 ごくらくこくど 極楽国土 じょうじゅにょぜ 成就如是 くどくしょうごん 功徳荘厳 うしゃりほつ 又舎利弗 ひぶつこくど 彼仏国土 じょうさてんがく 常作天楽 おうごんいじ 黄金為地 ちゅうやろくじ 昼夜六時 にうまんだらけ 而雨曼陀羅華 ごこくしゅじょう 其国衆生 じょういしょうたん 常以清旦 かくいえこく 各以衣戒 じょうしゅみょうけ 盛衆妙華 くようたほう 供養他方 じゅうまんおくぶつ 十万億仏 そくいじきじ 即以食時 げんとうほんごく 還到本国 ぼんじききょうぎょう 飯食経行 しゃりほつ 舎利弗 ごくらくこくど 極楽国土 じょうじゅにょぜ 成就如是 くどくしょうごん 功徳荘厳 ぶししゃりほつ 復次舎利弗 ひこくじょうう 彼国常有 しゅじゅきみょう 種種奇妙 ざつしきしちょう 雑色之鳥 びゃくこうくじゃく 白鵠孔雀 おうむしゃり 鸚鵡舎利 かりょうびんが 迦陵頻伽 ぐみょうしちょう 共命之鳥 ぜしょしゅちょう 是諸衆鳥 ちゅやろくじ 昼夜六時 すいわげおん 出和雅音 ごおんえんちょう 其音演暢 ごこんごりき 五根五力 しちぼだいぶん 七菩提分 はっしょうどうぶん 八聖道分 にょぜとうほう 如是等法 ごどしゅじょう 其土衆生 もんぜおんに 聞是音已 かいしつねんぶつ 皆悉念仏 ねんぽうねんそう 念法念僧 注)当て字一覧 (当て字にて代用した漢字) 健+牛左 希+糸左 候+目左 喬+心偏左 免+少上 巾+一上 黎+王左 車+石左 渠+石左 戒+衣偏左 経 (ゆいまきょう) 初期の大乗経典の代表作。 00 4. 00 8622 SS ぶっしつ 強きらーましん3 1843 1221 1889 1165 1500 941 7. 最初は時透無一郎と不死川玄弥の二人で戦っていたのですが、どうにも歯が立たず窮地に追い込まれます。

次の

仏説阿弥陀経(ぶっせつあみだきょう)

れん ごく きょう じゅ ろう

00 6269 SS あくま ばずず 986 987 1038 990 880 1161 3. 阿弥陀経 その1 【本郷 金子商店】 阿弥陀経 その1 佛説「阿彌陀經」 (ぶっせつあみだきょう) 姚秦三藏法師鳩摩羅什奉詔譯 (ようしんさんぞうほっしくまらじゅうぶしょうやく) 如是我聞(にょぜがもん) 一時佛在、舎衛國、(いちじぶつざいしゃえこく) 祇樹給孤獨園、(じゅぎっこどくおん) 與大比丘衆千ニ百五十人倶、(よだいびくしゅせんにひゃくごじゅうにんぐ) 皆是大阿羅漢、(かいぜだいあらかん) 衆所知識、(しゅしょちしき) 長老舎利弗、(ちょうろうしゃりほつ) 摩訶目健連、(まかもくけんれん) 摩訶迦葉、(まかかしょう) 摩訶迦旃延、(まかかせんねん) 摩訶倶晞羅、(まかくちら) 離婆多、(りはた) 周利槃陀伽(しゅりはんだか) 難陀、(なんだ) 阿難陀、(あなんだ) 羅喉羅、(らごら) 僑梵波提、(きょうぼんはだい) 賓頭盧頗羅堕、(びんずるはらだい) 迦留陀夷、(かるだい) 摩訶劫賓那、(まかこうひんな) 薄拘羅、(はっくら) 阿兔樓駄、(あぬるだ) 如是等諸大弟子、(にょぜとうしょだいでし) 并諸菩薩摩訶薩、(びょうしょぼさつまかさつ) 文殊師利法王子、(もんじゅしりほうおうじ) 阿逸多菩薩、(あいつたぼさつ) 乾陀訶提菩薩、(けんだかだいぼさつ) 常精進菩薩、(じょうしんじんぼさつ) 與如是等諸大菩薩、(よにょぜとうしょだいぼさつ) 及 釋提桓因等、(しゃくだいかんいんとう) 無量諸天大衆倶、(むりょうしょてんだいしゅうく) 爾時、(にじ) 佛告長老舎利弗、(ぶつこくちょうろうしゃりほつ) 從是西方、(じゅうぜさいほう) 過十萬億佛土、(かじゅうおくまんのくぶつど) 有世界、(ゆうせかい) 名曰極樂、(みょうわくごくらく) 其土有佛、(ごどうぶつ) 號阿弥陀、(ごうあみだ) 今現在説法、(こんげんざいせっぽう) 舎利弗、(しゃりほつ) 彼土何故、(ひどがこ) 名爲極樂、(みょういごくらく) 其国衆生、(ごこくしゅじょう) 無有衆苦、(むうしゅうく) 但受諸樂、(たんじゅしょらく) 故名極樂、(こみょうごくらく) 又舎利弗、(うしゃりほつ) 極樂國土、(ごくらくこくど) 七重欄楯、(しちじゅうらんじゅん) 七重羅網、(しちじゅうらもう) 七重行樹、(しちじゅうぎょうじゅ) 皆是四寳、(かいぜしほう) 周市圍繞、(しゅうそういにょう) 是故、(ぜこ) 彼國名曰極樂、(ひこくみょうわつごくらく) 又舎利弗、(うしゃりほつ) 極樂國土、(ごくらくこくど) 有七寶池、(うしっぽうち) 八功徳水、(くどくすい) 充満其中、(じゅうまんごちゅう) 地底純以、(ちたいじゅんに) 金沙布地、(こんしゃふじ) 四邊階道、(しへんかいどう) 金銀瑠璃、(こんごんるり) 玻黎合成、(はりごうじょう) 上有褸閣、(じょううろうかく) 亦以金銀瑠璃、(ふくいこんごんるり) 玻黎車渠赤珠瑪瑙、(はりしゃこしゃくしゅめのう) 而嚴飾之、(にごんじきし) 池中蓮華、(ちちゅうれんげ) 大如車輪、(だいにょしゃりん) 青色青光、(しょうしきしょうこう) 黄色黄光、(おうしきおうこう) 赤色赤光、(しゃくしきしゃくこう) 白色白光、(びゃくしきびゃくこう) 微妙香潔、(みみょうこうけつ) 舎利弗、(しゃりほつ) 極樂國土、(ごくらくこくど) 成就如是功徳荘嚴、(じょうじゅにょぜくどくしょうごん) (現代語訳) わたしはこんな風にききました。 一時仏在 ( いちじぶつざい )。 為一切世間 ( いいッさいせけん )。 上有楼閣 ( じょううろうかく )。 00 6. 日本の 減 へり 幅 はばは 世 せ 界 かいと 比 くらべると 少 すくなかったけど、4月は27 万 まん 台 だいで 去 きょ 年 ねん4月と 比 くらべて29% 減 げんになった。

次の

阿弥陀経 その1 【本郷 金子商店】

れん ごく きょう じゅ ろう

695• pixiv. 無常 憑 ( たの ) み難し、知らず露命いかなる道の草にか落ちん、身 已 ( すで )に私に非ず、命は光陰に移 されて 暫 ( しばら )くも停め難し、 紅顔いずくへか去りにし、 尋 ( たず )ねんとするに 蹤跡 ( しょうせき )なし、 熟観 ( つらつらかん )ずる所に往事の再び逢うべからざる多し、 無常 忽 ( たちま )ちに到ると きは国王大臣 親匿従僕妻子珍宝 ( しんじつじょうぼくさいしちんぽう )たすくるなし、 唯独 ( われひと )り 黄泉に趣くのみなり、己に 随 ( したが )い行くは只是れ善悪業等のみなり。 後遺症の残るまでズタズタに壊された人はいない事。 当 ( まさ )に知るべし今生 の我身二つ無し、三つ無し、 徒 ( いたず )らに邪見に堕ちて 虚 ( むなし )く悪業を感得せん、 惜 ( おし )からざらめや、 悪を造りながら悪に非ずと思い悪の報あるべからず と 邪思惟 ( じゃしゆい )するに依りて、悪の報を感得せざるには非ず。 舎利弗 しゃりほつ、 如我今者 にょがこんじゃ 稱讚諸佛 しょうさんしょぶつ 不可思議功徳 ふかしぎくどく、 彼諸佛等 ひしょぶっとう、 亦稱説我 やくしょうせつが 不可思議功徳 ふかしぎくどく、 而作是言 にさぜごん。 貧弱になったな」 痛いよ、痛い。

次の

新型コロナが自動車業界にも影響

れん ごく きょう じゅ ろう

「杏寿郎」 「……」 「きょうじゅろう」 「~~っきょうじゅろうさん!!」 「言えるじゃないか」 満足げに笑った顔が一つ。 p1337 、 てんち、おんよう、にちがつ、ごせい、じごく、ないしぶっか、しょうじのにほうにあらずとういことなし、かくのごとくしょうじも、ただみょうほうれんげきょうの、しょうじなり、てんだいのしかんにいわく、「きはこれ、ほっしょうのき、めつはこれほっしょうのめつ」うんぬん。 説之難信之法 ( せつしなんしんしほう )。 それでも煉獄杏寿郎は「たった一人」で上弦の3・猗窩座を追い詰めた事実は大きい。 称賛諸仏 ( しょうさんしょぶつ )。

次の

「れんごくきょうじゅろう」の漢字の変換方法!意味も熱い

れん ごく きょう じゅ ろう

00 7873 SS ぶっしつ ふぁいなるうぇぽん 1799 1098 1901 1102 1610 488 6. 説誠実言 ( せつじょうじつごん )。 00 7551 SS あくま べりある 1462 813 1246 901 809 987 4. 不可思議功徳 ( ふかしぎくどく )。 国 こく 内 ないでも 感 かん 染 せんが 拡 かく 大 だいし、 政 せい 府 ふが 外 がい 出 しゅつ 自 じ 粛 しゅくなどを 呼 よびかける「 緊 きん 急 きゅう 事 じ 態 たい 宣 せん 言 げん」を 出 だした。 如是等。 痣発現でパワーアップしたことにより水の中から脱出し、上弦の伍・玉壺を倒すことが出来ました。 気が付くと炭治郎たちが必死で 上弦の肆・半天狗の攻撃から自分を守ってくれていることに気づきます。 ふわふわと、得体の知れない優しい熱を持つ。

次の