フロン 排出 抑制 法 第 一 種 特定 製品。 第一種特定製品の管理者の責務 (フロン排出抑制法)

フロン排出抑制法のページ(フロン類の適正管理の推進) | 環境生活部環境局気候変動対策課

フロン 排出 抑制 法 第 一 種 特定 製品

PDF型式、92. A 9 簡易点検なら3か月、定期点検であれば1年もしくは3年以内に、最初の点検を実施してください。 業務用冷凍空調機器の据付や修理の際にフロン類を充塡(補充を含む。 Q 71 都道府県知事が漏えい者として報告する場合、報告先の事業所管大臣はどこになるのか。 と言う事は、業者へ依頼するしか方法は有りません。 2.機器の点検の義務化 1 「簡易定期点検」 すべての第一種特定製品について3ヶ月に1回以上、管理者自身による簡易定期点検を行う必要があります。 なお、例外として契約書等の書面において、保守・修繕の責務を所有者以外が負うこととされている場合は、その者が管理者となります。 使用済自動車のカーエアコンからフロン類の引取・回収を行う場合は、「自動車リサイクル法」による登録が必要となっています。

次の

第一種特定製品の管理者の責務 (フロン排出抑制法)

フロン 排出 抑制 法 第 一 種 特定 製品

第一種フロン類充塡回収業者は、年度終了後45日以内 毎年5月15日まで に充塡量及び回収量 の報告を行う必要があります。 フロン類の第一種フロン類充填回収業者への引渡し 【リンク】• 第一種特定製品の管理者(ユーザー)の皆様へ 飲食店やオフィス、スーパー、工場等で第一種特定製品を所有、管理されている方が、第一種特定製品の管理者にあたります。 点検には「定期点検」「簡易点検」の二種類があり、管理者に求められる点検の内容の詳細は、のとおりとなります。 4 その他の義務 ・廃棄や修理の際には、県知事の登録を受けた第一種フロン類充塡回収業者にフロン類の充塡・回収を依頼する必要があります。 冷凍空調工業会様へ確認済み。

次の

フロン類対策

フロン 排出 抑制 法 第 一 種 特定 製品

3 書類の保存義務違反 【改正点】 フロン類の回収依頼書の写し、委託確認書の写し、引取証明書を保存しなかった場合、30万円以下の罰金が科せられます。 3 廃棄物・リサイクル業者への機器の引渡し フロン類が回収されていることを確認し、廃棄物・リサイクル業者に機器を引渡してください。 また、フロン回収が証明できない機器は、廃棄物・リサイクル業者に引取ってもらえません。 ただし,契約書等の書面において,保守・修繕の責務を所有者以外が負うこととされている場合は,その者が管理者となります。 (家庭用として製造・販売されたエアコン等は,業務で使用していても,第一種特定製品ではなく,フロン法の対象外。 廃棄とは フロン排出抑制法における「廃棄」「引取り等」には、金属資源等としての無償・有償での引取りや、商習慣上の下取りも含みます。 )(法施行規則第10条関係)。

次の

第一種特定製品の管理者の責務 (フロン排出抑制法)

フロン 排出 抑制 法 第 一 種 特定 製品

参考資料 管理者向け手引き• エアコン(空調) or 冷凍・冷蔵機器? この機器はエアコン(空調)?、それとも冷凍・冷蔵機器?どちらなの?という疑問が出てきます。 第一種フロン類充塡回収業者から回付された再生証明書又は破壊証明書は、第一種特定製品の管理者へ回付し、写しを3年間保存しなければなりません。 機器周辺の清掃の実施 (2)機器の点検 全ての第一種特定製品について,簡易点検を実施します。 (2)機器の点検 ・ 全ての第一種特定製品を対象とした 簡易点検 の実施。 機器廃棄時には必ず第一種フロン類充塡回収業者にフロン類の回収を依頼してください。 上記5の算定漏えい量の未報告、虚偽報告をした場合(10万円以下の過料)• それができない審査員はクビにする(忌避する)といいでしょう。 加盟店は、エアコン・ショーケースの保守業者と加盟店が保守契約を締結し、年3回以上の保守点検を実施しているが、保守点検の結果を報告することをFC契約書で定めている。

次の

第一種特定製品の管理者の責務 (フロン排出抑制法)

フロン 排出 抑制 法 第 一 種 特定 製品

罰則 1 フロン類のみだり放出(、も適用対象) フロン類をみだりに放出した場合、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。 簡易点検結果表・定期点検結果表の作成• また、修理などを行うまでフロン類の充填は原則として行えません。 所有及び管理の形態(例) 「管理者」となる者 自己所有/自己管理の製品 当該製品の所有権を有する者 自己所有でない場合 (リース/レンタル製品等) 当該製品のリース/レンタル契約において,管理責任を有する者 自己所有でないビル (ビル・建物等に設置された製品で,入居者が管理しないもの等) 当該製品を所有・管理する者 ビル・建物等のオーナー 「第一種特定製品の管理者」とは,原則として,当該製品の所有権を有する者が該当します。 「管理者とは機器の所有権を有するもの(所有者である)」とありますが協会などでリース:使用者 レンタル:レンタル会社 割賦販売:使用者とあります。 特定フロンには塩素が含まれていた為にオゾン層破壊の問題が発生し、製造が規制されました。

次の

フロン排出抑制法施行について

フロン 排出 抑制 法 第 一 種 特定 製品

・業務用エアコンや冷凍冷蔵機器を廃棄する際には、フロン回収を依頼した第一種フロン類充塡回収業者に書面を交付しなければいけません。 )する業務は、高圧ガス保安法では高圧ガスの販売行為とされ、県知事へ「高圧ガス販売事業」の届出が必要になります。 フロン類とは、フルオロカーボン(フッ素と炭素の化合物)の総称であり、 クロロフルオロカーボン(CFC) 、 ハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC) 及び ハイドロフルオロカーボン(HFC) をフロン排出抑制法ではフロン類と呼んでいます。 。 3.漏えい防止措置、修理しないままの充塡の原則禁止 空調機を廃棄する場合は、フロンガスを回収しなければなりません。 一般的に、レンタルにおける物件の保守・修繕の責務は、所有者側にあるとされています。 (令和2年4月1日施行) フロン排出抑制法関係法令、手引き、マニュアル等は、下記の参考資料又は(外部リンク)(外部リンク)のホームページをご確認ください。

次の

フロン類対策

フロン 排出 抑制 法 第 一 種 特定 製品

(令和2年4月1日以降は交付書面の写しを3年間保存する必要があります。 ただし、外形的にフロン類が充塡されていないと思われても、確認を行った結果フロン類が回収されるといったことも十分に想定されるので、基本的には回収依頼等を行っていただくことが適切と考えられます。 2020年4月現在 記録の作成にあたって法定様式は定められておりませんが、記録簿のサンプル様式(PDF)を下記に掲載いたしますのでご参照ください。 機器リスト(参考様式)• Q 116 充塡・回収証明書は、「第一種フロン類充塡回収業者」から「管理者」へ、直接渡さなければならないのか。 (環境省)• ターボ冷凍機 ビル空調、工業用等比較的大規模の空調。

次の