税 の 作文 30 年度 入選 作品。 法務省:全国中学生人権作文コンテスト

パクリ作文 入賞してしまったら・・・

税 の 作文 30 年度 入選 作品

では、医療費を支払うため税金と自己負担のバランスをどのようにしたらよいだろうか。 2.有償の印刷物への転載 上記作文集の作品を,有償の印刷物として出版することは,原則として認めません。 高齢化に伴って社会保障費に関する支出が増える中、少子化は納税の義務を持つ生産年齢人口を減少させている現状がある。 しかし、その考えは間違っていた。 父は森林を守る仕事をしている。 しかし、今まで祖父の入院や治療費を助けてくれ、介護支援を必要としていた僕たち家族に、介護サービスを提供してくれた税金に感謝したい。

次の

税に関する作文募集・京都府租税教育推進連絡協議会

税 の 作文 30 年度 入選 作品

出典:. 入選作品については、「全納連ニュース」、「作品集」、「全国納税貯蓄組合連合会ホームページ」、「国税庁ホームページ」及び「税のしるべ」などで紹介します。 今回は、これらの作品の中から厳正な審査により入選された作品のうち14編の作品をご紹介いたします。 税金に対する肯定的な文章を書く方が無難でしょう。 僕という存在 成田悠政(福岡・福岡教育大学附属福岡中学校) 二〇一九年七月二十三日、僕は十五歳になった。 このように事故や病気は突然にやってくる。 納税したい、と強く願う人たちの存在を知っているだろうか。

次の

パクリ作文 入賞してしまったら・・・

税 の 作文 30 年度 入選 作品

その出所は税金と知り驚きました。 国民一人一人にとって有効な使われ方がされてていうこそ、税金はよいものだと言えるのだ。 税に感謝 祖父が昨年八月に入院をした。 これから頑張りたい!という、ポジティブさが残されています。 「給料をもらった人がはらう税金」と「つるぎ町に住んでいる人がはらう税金」と教えてくれました。 日本ではどうだろうか。 日本税理士会連合会会長賞 1編 中学校 学年 氏 名 題 名 白河市立白河第二中学校 3 目黒 恭涼 公益財団法人全国法人会総連合会長賞 1編 中学校 学年 氏 名 題 名 喜多方市立塩川中学校 3 関本 悠太郎 全国納税貯蓄組合連合会優秀賞 2編 中学校 学年 氏 名 題 名 福島市立信夫中学校 3 竹田 和奏 郡山市立郡山第一中学校 3 会津 春菜 仙台国税局長賞 1編 中学校 学年 氏 名 題 名 南会津町立田島中学校 3 松田 歩 一般社団法人福島県法人会連合会会長賞 1編 中学校 学年 氏 名 題 名 二本松市立小浜中学校 3 松本 怜美 東北地区納税貯蓄組合連合会会長賞 7編 中学校 学年 氏 名 題 名 福島市立渡利中学校 3 川音 陽菜 福島市立信夫中学校 3 櫻内 秋穂 会津若松市立第二中学校 3 棚木 響平 郡山市立富田中学校 2 岡田 彩音 白河市立東中学校 3 水野谷 咲英 南相馬市立原町第一中学校 3 原田 怜奈 本宮市立白沢中学校 2 石川 百合香 福島県知事賞 3編 中学校 学年 氏 名 題 名 棚倉町立棚倉中学校 3 佐川 晃介 福島市立岳陽中学校 3 半谷 凜音 平田村立ひらた清風中学校 3 原谷 朋花 福島県納税貯蓄組合連合会会長賞 3編 中学校 学年 氏 名 題 名 いわき市立磐崎中学校 3 西 美咲 石川義塾中学校 2 菊地 未柚 福島市立渡利中学校 3 蓮沼 楓. もし高校の名前が出ると、学校のイメージが傷つき翌年の入学者減少などにつながりかねないので。

次の

平成25年度中学生の「税についての作文」

税 の 作文 30 年度 入選 作品

この医療費のほとんどは国の税金によって賄われている。 もし介護事業に税金が使われなくなったら、介護や支援を必要としている人たちはどうなるのだろうか。 今までは納めた税金がどのように使われているのか考えたこともありませんでしたが、税金は国民生活を良くする為のもので直接的な見返りが個人にあるものではないことを理解しました。 私の両親は私が幼い頃に離婚したので、母は女手一つで私たちを育ててくれています。 日本国民としての義務を責任を持って果たせる大人になるんだよ。

次の

税に関する作文募集・京都府租税教育推進連絡協議会

税 の 作文 30 年度 入選 作品

また、今後私は「地球規模の税金」にも関心を持とうと思う。 (もちろん書いてもいいですが、入賞は難しいです) 過去の入賞作品を読んで どのような視点で書かれてあるのか参考にした方がよい作品に仕上げることができます。 これは、次代を担う高校生の皆さんが、学校教育の中で学習したことや自分自身の経験・体験などを通して、税について考えたことを作文の形で発表していただき、これを機会に税に対する関心を一層深めていただきたいという趣旨で、昭和37年度から毎年実施しているものです。 私は報道機関で仕事をしておりますが、今回の作文コンクールのように全国規模でやっているもので盗作がバレるとシャレになりません。 致命傷だろうね。

次の

税の作文コンクール

税 の 作文 30 年度 入選 作品

これらは「納税の義務」がなければ成り立たないものである。 私は、祖父母の家で親戚と過ごしていました。 「税」という漢字の成り立ちを調べてみると、のぎへんは、穂先が垂れかかる稲の象徴だと知りました。 これは、将来を担う中学生の皆さんが、身近に感じた税に関すること、学校で学んだ税に関すること、テレビや新聞などで知った税の話などを題材とした作文を書くことで、税について関心を持ち、正しい理解を深めていただくという趣旨で実施しているものです。 税金によって、今私達は平等に勉強することができる。

次の

福岡市 中学生の「税について」の作文 入賞作品

税 の 作文 30 年度 入選 作品

税の作文のような大規模なコンクールの場合、入選作が盗作だと新聞やニュースなどで報道されてしまうので。 正直、たったこれだけの情報で回答を求める調査に違和感を覚えた。 平成30年度 中学生の「税についての作文」仙南地方における受賞作品 毎年、中学校からのご協力をいただき「税についての作文」の募集を行っています。 私たちの今回の旅行プランの場合、一人一万八千円も国から助成金が出た。 納めている介護保険料では、介護事業を運営するのには費用が足らないため、税金が使われている。

次の