ダイヤモンド プリンセス イギリス。 ダイヤモンド・プリンセス集団感染「日本を責めることはできない」クルーズ船検疫の第一人者語る(木村正人)

チェコの英字紙、ダイヤモンドプリンセス号に対する日本政府の対応を絶賛!一方、同号を見捨てた各国、そして、無責任かつ感染を放置した船会社を大批判!

ダイヤモンド プリンセス イギリス

日本政府の対応としてよい面は、全権者である船長からの要請に応じて、食料や医薬品を供給していること、および、症状が発生した者に関しては検疫期間中であるにもかかわらず日本に入国させ加療していることです。 まずいと思った」 菅官房長官、加藤厚生労働大臣、赤羽国土交通大臣を中心に、20人ほどが急きょ集まり、翌日の午前2時ごろまで対応策が話し合われたという。 外国船籍のクルーズ船では通用しません。 責任を回避することではありませんが、日本の海域にドッキングしたという事実は、必ずしも総理大臣 安倍晋三氏だけの責任ではありません。 英メディアによると、乗員乗客43人がインフルエンザ様の症状を示し、隔離されているそうです。 40 ID:1KkVp8Pt0 こいつら外のニュースを別世界の出来事とでも思っていたんじゃない? まさかクルーズ満喫してる最中に集団感染するなんて考えもしていないだろう。

次の

チェコの英字紙、ダイヤモンドプリンセス号に対する日本政府の対応を絶賛!一方、同号を見捨てた各国、そして、無責任かつ感染を放置した船会社を大批判!

ダイヤモンド プリンセス イギリス

同病院ではすでに2つのグループが隔離されている。 もし玉川徹氏が主張するように乗客を開放していれば、国内では実際に実行したイタリアのように感染は国内で大拡大していたであろう。 ただ、船籍があるイギリスや船会社とどう連携するかなど、数千人の乗客が乗るクルーズ船に対する検疫のあり方は必ずしも整理されていない。 決定はその場で行われ、当局が参考にする過去の経験、例、教訓もなかった」 「クルーズ船では多くの人が同じ食料源を共有し、同じ給水から飲み、同じ空気を吸う。 入港断っていたら、それこそ感染拡大で 死屍累々の幽霊船になっていたよな。

次の

ダイヤモンドプリンセスが英国籍であることについて

ダイヤモンド プリンセス イギリス

スペンサーさんはBBCのラジオ番組に出演し、救助の飛行機に乗りたいイギリス人は、帰国後に14日間の隔離を受けることに合意する文書に署名させられたと語った。 ガスタービン発電機のほうは社のLM2500であり、最大で25,000 kW 34,000 hp のパワーを生み出す。 妻がイライラして耐えられない、もう疲れた...とい…• 英保健省は、「公衆への危険はないし、病院も通常どおり運営される」と述べた。 」 良く言った、政府の対応が全て正解だったとは思わないけど日本政府の責任にしたがってる野党議員、マスコミ聴いたか!— もずく 兼業農家みたいな人 VwNRNvUYAPvguJi 木村太郎氏が「ダイヤモンド・プリンセスの三千人以上の人の 検疫は、誰もしたことが無いのだから誰が悪いとかでは無い」 とテレビで言う。 2020年2月29日閲覧。 陸上施設で多数の乗客や旅行者を検疫する難しさは分かる。 45 ID:si2jaXMC0 日本政府の対応の悪い。

次の

ダイヤモンドプリンセス号の所有者は誰?どこの会社の船か調べてみた

ダイヤモンド プリンセス イギリス

船内では、感染の危険がある区域と安全な区域が明確に区別されておらず、感染の拡大を防げないずさんな対応になっているなどと、政府の対応を厳しく批判する内容だった。 あまつさえイギリスの大衆紙は日本の失策のように書き立てた。 これって、日本の検疫ルールの適用。 検疫や患者の輸送にかかる費用は日本持ち• スティーヴさんによると、他の乗客たちが下船するなか、両親は室内にとどまるよう指示されたという。 ねとらぼ. こうした見立てを踏まえ、政府は当初、発熱やせきなどの症状がある人や、そうした人たちに濃厚接触した人に限り、ウイルス検査を行うこととした。

次の

「ブリカス」と揶揄されるイギリス政府、 “英国船籍のクルーズ船から自国民だけを帰国させるための航空機の準備” を検疫期間終了後に表明

ダイヤモンド プリンセス イギリス

『ダイヤモンド・プリンセス』に対してそれができるのはイギリスだけですが、肝心のイギリス当局は沈黙を貫いています。 キューバが受け入れていなかったら最大10日もかけ大西洋を横断し英南部サウサンプトン港を目指さなければならなかったでしょう。 さらに日本の対応が批判されたのは、乗客の下船後の対応だった。 外国人乗客の入院費は日本政府持ち 日本の対応は人道的ではなかったのでしょうか。 停泊は2週間を超え、一部の海外メディアは乗客を船内にとどめる対応を批判する。 さらに、乗客に感染の疑いが確認された別の香港発のクルーズ船の入港も拒否することを決めた。

次の

クルーズ船のイギリス人、陽性判定で一時情報混乱

ダイヤモンド プリンセス イギリス

また、船内の管理責任者の船長は、アメリカの船会社に所属していた。 船内ホールではダンスパーティーが開かれています。 米疾病予防管理センター(CDC)の調査では感染が確認された乗客は1月22、23日に症状がみられ、乗員に感染。 船内「隔離不十分」認識も 船内はいったい、どのような状況だったのか? 政府は感染の拡大防止に向けて、ウイルス感染の危険性がある区域と安全な区域を分け、感染症防御チームの医師が船内を定期的にまわって区域管理したとしている。 入港拒否の英クルーズ船はキューバが受け入れ [ロンドン発]乗員乗客5人の新型コロナウイルス感染が確認され、入港拒否に遭っていた西カリブ海・中米クルーズ船「ブレーマー」(乗客682人、乗員381人)はキューバで受け入れてもらえることになり、18日に民間機でイギリスに退避できる見通しになりました。 チャーター機派遣時には「日本政府の対応に感謝している」と伝えた。

次の