ジャパン アズ ナンバー ワン。 たかが一人、されど一人: ジャパン・アズ・ナンバーワン

ソニーの経営戦略失敗

ジャパン アズ ナンバー ワン

公職選挙法違反も見逃すわけにはいかないが、「身の丈」発言は国家の将来を左右する話で、それ以上に見逃すわけにはいかない。 それが日本の強さだと言った。 明日はお釈迦様の誕生日で、仏教寺院は本来信徒が大勢参拝に訪れる予定も大分狂うだろう。 アベグレンは、 「次は日本がくるぞ」と感じていた。 米国の社会学者であり、米ハーバード大学の大学教授も務めたエズラ・ヴォーゲル氏は1979年、日本の高度経済成長について分析した書籍「ジャパン・アズ・ナンバーワン」を出版した。

次の

ソニーの経営戦略失敗

ジャパン アズ ナンバー ワン

に入ってから、ヴォーゲルが中国研究者ということもあり、からに差し掛かってるともされるでも注目され、翻訳と発売もされている(題名は『日本第一』)。 私は70年代初めの英国を取材したことがある。 国民に誤った印象を抱かせ、真実とは異なる方向に国民を誘導すると言って批判する。 1989年 : One Step Ahead in China• 「チャイナ・アズ・ナンバーワン」なら分かるが、なぜ日本が?と、この本を見かけた中国の書店で一瞬、呆然とした。 だがこの話はそれで済む話だろうか。 出版の、同著者による『ジャパン アズ ナンバーワン再考』は日本で13万部を発行。

次の

1980年代に謳われた「ジャパン・アズ・ナンバーワン」の幻想

ジャパン アズ ナンバー ワン

東京の営業からアメリカの工場の生産管理に回ることもあれば、タイで人事を担当することもある。 英語版初刊• 〔photo〕gettyimages 言い方を変えると、 簡単にクビにはならない代わりに、企業の中で職種や勤務地はどんどん変わる仕組みですね。 変わってしまったところは、そうした性格を踏まえたうえで、日本人の力を最大限に引き出すための組織づくりや制度づくりの工夫を行おうとする意欲ではないでしょうか。 そうなれば日本は滅びる。 今日の報道によれば、我が国はこれからやって来るピークに備えて・・・なんて言い始めたところ。 日本経済は1990年代のバブル崩壊によって長い低迷期に突入したが、中国メディアのは24日、ヴォーゲル氏は「Japan as Number One(ジャパン・アズ・ナンバーワン)」を出版したことについて「なんら後悔はしておらず、むしろ、当時の日本についての描写は正確だった」と認識していると伝えた。 「日本から学べよお前ら!」って意味です。

次の

書籍「ジャパン・アズ・ナンバーワン」の著者は「出版を後悔していない」=中国報道 (2020年3月29日)

ジャパン アズ ナンバー ワン

そこで考えた、日本がこのウィルス対抗策で先進国中のビリ、周回遅れになっている現実を考えるとまた面白い。 菅原氏も有権者への買収疑惑を週刊文春に報じられて辞任した。 」と断言している。 短期的な利益にだけ執着していた結果と言えます。 多くの企業は社員の研修やら留学やらに費用や時間をかける余裕はないでしょうし、もし、かけたとしても、長期雇用を良しとする慣習も失われつつあるので、転職してしまう社員も多いでしょう。 英国病の現実を見た経験から言えば「鉄の女」が新自由主義を取り入れたことはある程度理解できる。 フーテンはその中で権力が何を考え何を武器に戦うか、またメディアはどのように位置づけられ、どのような役割を担わされているかをつぶさに見てきた。

次の

『ジャパン・アズ・ナンバーワン』米国での反応をヴォーゲル教授に聞く

ジャパン アズ ナンバー ワン

CCCメディアハウス調べによると、日本での累計発行部数は70万部を超える。 「情報が集まり、分析されるまで、日本人は意見を述べたり、一方を弁護したりすることを避ける。 その国が米国の政策によってバブルに陥り、バブルが弾けた後はデフレに陥り、そこから脱却するためと称し新自由主義に頼っているのである。 当時の世界は、 アメリカ と ソ連 の両大国と、それぞれに組する 東西両陣営 の 対立冷戦時代。 それも少しは必要なのかもしれませんが、ヴォーゲル氏が指摘するような、ディベートを好まない日本社会の良さや強みも改めて認識する必要があるはずです。 81歳で今も健在な ヴォーゲル氏 はどう見ているのか、聞いてみたいですね。 このあたりのヴォーゲル氏の記述、面白いですね。

次の

40年前の「日本研究本」に中国人が群がるワケ

ジャパン アズ ナンバー ワン

中国 は 改革開放路線 を推し進めて経済大国になりましたが、これからどのように進むのでしょうか? 世界と同様に日本の戦後構造も激しく揺れ動き、権力闘争の厳しさも一様ではなかった。 戦後の焼け野原から立ち上がった日本は、朝鮮戦争の勃発で復興の端緒を掴み、さらにベトナム戦争の特需で恩恵を受け、高度経済成長を成し遂げた。 従ってメディアコントロールは権力者の必須技術で、基本は「アメ」と「ムチ」にある。 それがプラザ合意以降、米国に円高と低金利を押し付けられ、そこからバブルが発生し、それまでの日本経済のシステムが壊れ、代わりに新自由主義経済が導入された。 資源のない日本の最大の資源は人間である。 しかし本当か嘘か分からない話をメディアは無批判に垂れ流している。

次の