菊水 スパークリング。 「ふなぐち菊水一番しぼり」からスパークリングが新登場!─ ふなぐちファンのために開発した菊水酒造の思い

【ふなスパ】 ふなぐち菊水一番しぼり スパークリング【新潟先行発売】 を飲んでみた。: 新発売の缶ビール、新ジャンル、缶チューハイをすぐ飲むブログ

菊水 スパークリング

原材料:米、米こうじ、醸造アルコール/炭酸ガス含有• parentNode. ライブ配信の再生数はなんと約2,000回。 本当に、度数が高いので一気に飲まないように注意してください。 味わいは甘いのですが、 香りから感じるよりは甘過ぎず、後味がスッキリしているので、味が濃い料理とも合わせやすいです。 3月に発売された500ml缶は『お気に入りを極める』がコンセプト。 「エクストラリッチな味わい」がふなぐち愛好家の方々から大人気! 「はじけて アガル!」「ますます ふなぐち!」「ストロングな 飲みごたえ!」の『ふなスパ』是非お楽しみください。

次の

【新潟県内先行発売】アルコール19%の生原酒スパークリング|菊水酒造

菊水 スパークリング

getTime ,event:'gtm. かつては酒蔵でしか飲むことができなかった搾りたての美味しさが、近所のコンビニやスーパーで気軽に手に入る。 そんなときに水や炭酸水を加えると、またおいしく飲めるのです。 炭酸でスパークした「ふなぐち菊水一番しぼりスパークリング」、略して「ふなスパ」。 parentNode. 甘やかな香りで飲みやすいものや、口の中でふわっと消えていくようなお酒、どっしりとして旨みが強く味の強い料理にも負けないもの、和食や珍味だけでなくフレンチやイタリアン、さらにはカレーなどにもばっちり合うお酒など、さまざまなタイプのお酒が次々と生まれています。 生原酒に炭酸をプラスした深みとさわやかさを両立させた味わいが、「夏でも飲みやすい」と好評。 最近では、レモンやライムのフレーバー付き炭酸水も売られています。 家族や友人と注ぎ合って、わいわい楽しむのも良し。

次の

【保存版】スパークリング日本酒のオススメ10本! 日本酒マニアが選んだ銘柄&ぴったりなおつまみ集

菊水 スパークリング

それぞれにぴったりなおつまみも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。 「ハニームーン」は、幸せのシンボル、クローバーのはちみつから生まれたスパークリングなミード。 ふなぐち500ml缶が、ファンの間で話題に 1972年に誕生した「ふなぐち菊水一番しぼり」の歴史は、40年を優に超えています。 私が愛する数少ない日本酒、「ふなぐち菊水一番しぼり」のスパークリングタイプらしいです。 どうです? 面白そうだと思いませんか? 日本酒が苦手という人も、まだ飲んだことがなかったら一度スパークリング日本酒を飲んでみてください。

次の

【新潟県内先行発売】アルコール19%の生原酒スパークリング|菊水酒造

菊水 スパークリング

お祝いのお酒としてシャンパンスタイルにアレンジしました。 Visa• グラスに注いだときに立ち上がるきめ細やかな泡立ちが涼しげで、鈴の音を連想させるところから「すず音」と命名されました。 辛口好みにひとの口には合わないと思うけど... 冷蔵庫に入れなくても冷暗所であれば保管できますが、 飲むときにはきっちり冷やすのがオススメです。 Master• 飲んでみると、口当たりは炭酸の効いた感じのスッキリした口当たりだけれども、後味がふなぐち菊水一番しぼりのドロッとした甘い後味なので、ちょっとバランスよくないですね。 農産物検査法基準の等外米・ 規格外米は一切使用しておりません。

次の

【保存版】スパークリング日本酒のオススメ10本! 日本酒マニアが選んだ銘柄&ぴったりなおつまみ集

菊水 スパークリング

漢字で書くと「泡沫」です。 だからこそ、ふなぐちの良さを生かすことが絶対条件でした。 カード決済可• そこに炭酸ガスを加えたのが 「ふなぐち菊水一番しぼり スパークリング」です。 酒類をご注文の際には、ご注文欄に必ず生年月日をご記入ください。 q []. 口当たりはとてもなめらかで、クイクイいけます。 getElementsByTagName o [0];a. そういったことを繰り返しているうちに、好きが高じていつの間にかお酒の本をたくさん書くことになりました。

次の

【保存版】スパークリング日本酒のオススメ10本! 日本酒マニアが選んだ銘柄&ぴったりなおつまみ集

菊水 スパークリング

味わいは全体的に控えめで、ほんのり甘く、炭酸もそれほど強くありません。 そのため、アルコール度数を下げ、新たな顧客層へアプローチすることはまったく考えていなかったとのこと。 原作を担当したマンガ『』(講談社)は無事完結し、最終巻となる第3巻が2019年10月に発売されました。 JCB• 日本酒の造り方をおおざっぱに説明すると、お米が分解されて糖分になり(ずっともぐもぐご飯をかんでいると甘くなるのと同じ原理です)、糖分が菌で発酵されてアルコールと炭酸ガスになる……という流れです。 。 ただ、ふなぐち菊水一番しぼりとはだいぶイメージ違う味になっちゃうけど。

次の