趣味 の 園芸 再 放送。 NHK 趣味の園芸 2020年5月号

NHK 趣味の園芸 2020年2月号

趣味 の 園芸 再 放送

- 園芸家。 トレーニングといえばハードな印象がありますが、体幹トレーニングは世代や性別を問わず行えるようです。 - ナレーター(2017年4月 - 、「花遊美」担当)• [特集] 見て美しい。 どれだけ分かりやすく解説してくれるかについて期待しています。 - ナレーター。 (2018年4月 - 、「バラと暮らす12か月」担当) ゲスト講師 [ ]• しかも関根勤さんや安めぐみさん、さらに子役の方も体験するので、体力や年代に合わせたトレーニングが可能であり、幅広い年代に役立つのではないでしょうか。 そういったスマホをかなり使っているが、まだ理解できていないことがある人にとってもかなり助かる番組ではないかと期待しています。

次の

リクエスト募集中!なつかし映像アンコール

趣味 の 園芸 再 放送

月ごとに季節の植物を特集し、ビギナー向けの話題も毎月紹介。 いかにもNHKのEテレらしい一般向け教養番組ですが、今回のテーマはスマホとのこと。 その代わり余計なものがなく、種まきから収穫まで、野菜の栽培について知りたい方のためにつくられています。 (2008年4月 - 2016年3月、日曜 8:25 - 8:30(2009年3月までは日曜 8:55 - 9:00)、ナビゲーター:吉武遥(2009年3月まで)) - 2009年4月以降はレギュラー出演者を設けず、月替わりの講師が出演する形となっている。 持ってるけど基本動作以外はあまり使いこなしている自信がない。 ですので、今回放送されるようなスマホの基本について解説される番組は、特に高齢者の方に楽しんでいただける番組になると思っています。

次の

NHK 趣味の園芸 2020年5月号

趣味 の 園芸 再 放送

私は「毎週見てれば知らず知らずのうちにパソコンの知識が身につく」という番組が希望です。 4月から柳生に代わってからはロケーション(公開収録)担当として参加した。 「玉さん庭をゆく」コーナー担当(1999年4月 - 2014年3月)。 ビギナーもベテランも野菜作りを楽しんで続けられるよう、菜園では人気野菜の栽培を藤田智さんが、アイデア満載のプランター栽培は深町貴子さんが伝えます。 NHK菜園ライフの再放送予定(2020年) 菜園ライフ #1 大玉トマト、エダマメ、サトイモ、イネ、小玉スイカ、ゴボウ、長ネギ、ショウガ、ピーマン、シシトウ、キュウリ. ゲスト・準レギュラー講師 [ ]• 今回はそれの再放送かな……と思いましたが、タイトルもちょっと変わり、出演者も変わっているので別な番組のようです。 きちんと先生が教えてくれる番組です。 「ローズレッスン12か月」コーナーの担当講師(月1回)(2012年4月 - 2013年3月)。

次の

NHK 趣味の園芸 2020年5月号

趣味 の 園芸 再 放送

野菜の栽培方法を映像と字幕のみで紹介する番組です。 『』「全国バラの花通選手権」にて2回の優勝経験を持つ。 (2016年4月3日 - 放送中、日曜 8:25 - 8:30、劇団による、紙人形劇仕立ての番組) 外部リンク [ ]• 、日本雑誌協会 - 2017年3月23日閲覧。 また、畑では本を見ながらでの作業はやりにくいでしょう。 4・5月号付録「菜園プランニングキット」関連記事/初夏作付け編 今号には、に役立つ追加パーツを掲載しています! ニンジン、ネギ、芽キャベツ、ケール、セロリe. ゲストの関根勤さんにロッシーさん、安めぐみさん、川口和空が体幹トレーニングに挑戦するようです。 - バラ育種家。 - 園芸家。

次の

NHK 趣味の園芸 2020年5月号

趣味 の 園芸 再 放送

さらに、他の著者の方の本も数多く出版されていますので、 特に初心者の方はどの本を買って良いか迷ってしまうのではないでしょうか。 以前に同じ時間枠で「はじめてのスマホ」というシリーズがありました。 「ついに来たか!」と感想を抱いてしまいますね。 - NHKアナウンサー。 スマホの使い方を教えてあげたい人がいるけどうまく説明できない、などなど。

次の

リクエスト募集中!なつかし映像アンコール

趣味 の 園芸 再 放送

- 園芸研究家。 初めて使うスマホに対するハードルを少し下げてくれました。 これからスタートする初夏作付け編のパーツです。 今回はタッチや電話の仕方や文字入力の仕方などの基礎的なことを学べるそうですね。 全5回で、50種類の野菜を紹介。 今回の講師の先生ですが、サッカーで活躍する長友佑都選手や久保建英選手を指導してきた木場先生ということで、かなりの説得力もありそうですし、直伝の方法を披露していただくとのことなので、番組放送が待ち遠しいです。

次の