ナイチンゲール と 薔薇。 #9 小さな鳥と赤い薔薇~絶望~

sawaroma: ナイチンゲール(薔薇)とバーゴ(マトリカリア)

ナイチンゲール と 薔薇

ナイチンゲールは、まっすぐ木のところに飛んでいき、小枝にとまりました。 でも、うちの 庭のどこを探したって、赤いバラなどありはしない。 ナイチンゲールはいのちを失ったけれど、 その存在はシルビオの優しい心の中に生き続けるという結末です。 「その胸を荊に立てて、私に歌を捧げてください」 「夜の間歌を捧げつつ、心臓を荊に突き立てる」 「あなたの生き血は葉脈を流れ、私のものとなるのです」 怖い。 ナイチンゲール病棟 [ ] ナイチンゲールが考案した病院建築。 あなたなんか今まで銀の留め金のついた靴をはいたこともないんでしょう。 なんだってするわ」 「どうしても赤いバラがほしいなら、きみが咲かせるしかないよ。

次の

4月のお話 ナイチンゲールと紅いバラ

ナイチンゲール と 薔薇

芸術ってのは自己中心的なものさ。 画面の向こうの『私』の、初めての友は感動にまみれた言葉をこちらに知らしめるように打ち込んだ。 ナイチンゲール書翰集 編 教文館編輯部訳. まだ、看護なんていう考え方、概念がない時代です。 このままでは。 他の人間にすがる様に目線を動かす。 だって。

次の

ナイチンゲールとバラ

ナイチンゲール と 薔薇

ここからナイチンゲールの心臓の血で赤く染まるのかと思うと、血の気が引いた。 裏切ったくせに。 スッキリとした緑とフルーティーなまろやかさ。 どちらも、美しくも悲しい、報われない恋の話です。 私の迷い、苦しみ、喜び、葛藤、決意、成長を 見守ってくれている存在がいるということ。 ここに、どこまでも赤いバラがあります。

次の

sawaroma: ナイチンゲール(薔薇)とバーゴ(マトリカリア)

ナイチンゲール と 薔薇

「えっ、なんという幸運だろう!」 学生は叫びました。 記事のにご協力をお願いいたします。 著作のほとんどは『ナイチンゲール著作集』(現代社、全三巻 1974、1975、1977)に収録されている。 そして、何ごとかしらと葉のすきまから顔をだしました。 だが、それが。 メタバーセスへの入り口。 名前の由来はナポリの旧名ナポリ(ネアポリス=新しい町)・パルテノペ(植民都市パルテノペのこと。

次の

#2 ナイチンゲールと赤い薔薇

ナイチンゲール と 薔薇

例えば。 彼らにはわからない。 彼はメタバーセスに一人で入って。 どうして置いて行ったの。 それは学のない一般市民でもメッセージを読み取れるようにするためでした。 故に行動を見守るしかない。

次の

sawaroma: ナイチンゲール(薔薇)とバーゴ(マトリカリア)

ナイチンゲール と 薔薇

彼女のいない世界など。 23年前にオープンしたお店です。 <現実では良く変わり者と評される>というが確かに、彼の人を変わり者と言わずに何と呼べばいいのだろう。 あるのは白い花。 さらに現地のホール軍医長官らは、縦割り行政を楯に看護婦団の従軍を拒否した。 それはとても鮮やかな光景だった。

次の