アルト アイゼン リーゼ。 S.R.D

【スパクロ】アルトアイゼン・リーゼ、ライン・ヴァイスリッターのバフ対応表(#258)

アルト アイゼン リーゼ

敵のときには使用せず、パーティ加入後にハーケンの特殊技として登場。 しかし、キョウスケは同機を乗りこなし、数々の戦いで多大な戦果を挙げている。 カメラアイや胸部センサーにはアクセントとして、オーロラフィルムを貼っています。 プラズマカッター Plasma Sword 近接戦闘用の非実体剣。 作品ごとに攻撃内容の連携順が違うため、下記のランのようにで調整しているのかもしれない。

次の

1/144 アルトアイゼン・リーゼ

アルト アイゼン リーゼ

Progressive]が完成しました。 おすすめページ(人気ページ). インスペクター事件時もスレードゲルミルやソウルゲインなどの特機と渡り合ったが、キョウスケは本機の突破力をもってしても当たり負けすることを危惧し、強化プランを考案する。 装甲は更に厚いものになり、その上で従来と同じく対用のコートも施された。 2 85. スパロボオリジナル系の中では認知度があるかも。 エンドレスフロンティアに墜落したネバーランドに記録されていたのデータをもとにフォルミッドヘイムの技術で開発され、それに伴いダウンサイジングされ全長は3 m程度となっている。 「OG2」~「OG外伝」までは5連チェーンガンを連射後、突撃して頭部のプラズマホーンをぶち込み、更にリボルビング・バンカーを撃ち込んで敵機を宙に上げ、落下してきた所へクレイモアの弾丸をありったけ乱射しまくる連携技。

次の

SSR[A]アルトアイゼン・リーゼ[Ω](リボルビング・バンカー:キョウスケ)

アルト アイゼン リーゼ

また、空Bの場合格闘属性なこともあり威力が減少するうえに弾数が1発しかないので空の敵にうっかり使わないように注意しよう。 「EXCEED」ではランページ・スペクターIIとなっているがモーションはほぼ同じ。 『COMPACT2』のみ出身という設定。 『COMPACT2』『IMPACT』ではシャトル事故で生き残ったのが彼ら2人だけという点が軍で疑問視され、2人は宇宙と地上の別部隊に配属された。 その際、機体再生能力の強化が図られている。 なお場合によっては「何がのだ」「ちゃんの方を刺すわよ?」といった多少物騒な掛け合いも聞けるが、最終的に「結果が全てだ」ということで合意(和解?)していたりする。 。

次の

「アルトアイゼン・リーゼ作例」(再掲載作例)【電撃スパロボNo.073】

アルト アイゼン リーゼ

ビルトビルガー同様、突撃時はブレイク・フィールドで覆われる。 デザイン デザイナーは。 ちなみにキョウスケの感想は「 …素晴らしい」。 彼女としては燃えるような恋がしたいため、普段素っ気なく扱われることに不満を抱いているが、誰よりも彼を愛している。 『COMPACT2』『IMPACT』では隠しステージにてキョウスケと戦後結婚した。 が使用した際には「・・・切らせてもらった・・・!」等の発言をすることが多く、名前も含めて賭け()にちなんだ言い回しになっている。

次の

アルトアイゼンとは (アルトアイゼンとは) [単語記事]

アルト アイゼン リーゼ

作品内でも機体出に左右されない固定武装であり、武装自体の貫通性や性も高いため ではを受け流しても折れなかった 自身も気に入っていてよく使っている。 第1回でも触れている通り、キット自体は完全新規造形によるリファインがなされているため、全体のスタイルや各部のバランス、可動を含むギミックが劇的に進化しています。 移動後に使用できないのは相変わらずで、加えて『OGs』からはALL攻撃になって援護には使用できなくなった。 リボルビング・バンカー Revolver Bunker 右腕に装備された大口径ステーク。 実際、肩周りなどどう考えてもアクションに適さないデザインをしており、立体アイテムの設計者にとっては実に挑戦しがいのある機体の一つとなっているのだとか。 どのロボットにもバックボーンがあり、ある意味どれもが主役機なのですが、今回は大本命、キョウスケ風に言えばジョーカー、ご存知イチジューの機体アルトアイゼン・リーゼをアニメ作画風に製作しました。 それにより意味が「古い()」から「古(いにしえ)のの」となった。

次の

アルトアイゼンとは (アルトアイゼンとは) [単語記事]

アルト アイゼン リーゼ

キョウスケの統率によって、合体攻撃4連発という離れ業も可能であり、条件次第では自軍屈指のダメージを叩き出せる。 アインストが滅びたエンディング後は元に戻っており、後日談のOVAでも元のヴァイスとして登場する。 これに合わせてユニット自体も一部の形状修正と内部スラスターの追加も行っています。 総である大正のがに効いた(特に頭部)は既に別機体の域に達しており、総にちなんでバゼン、バ、・ステーク等とから名づけられ、の笑いを誘った。 ジ・インスペクターでの対ラインヴァイス時の被弾無傷描写を見る限り、二人の息が恐ろしく合っているのに加え、ラインヴァイスの攻撃に当たっても自分は無傷(もしくは軽傷)ですむという認識からこのような頭のネジがぶっ飛んだような攻撃パターンになったと推測される(すれ違う間際には最大威力のビームが至近にあるため、無傷で済むはずはないのだが…)。 「リーゼ」が加わったことで名前の意味が「 古(いにしえ) の鉄の巨人」となった。

次の

S.R.D

アルト アイゼン リーゼ

これは、戦闘中に武器弾薬を使い果たしたりが破壊されたPTが徒手空拳以外の戦闘方法を失うという問題を解消するためであった。 機体カラーは赤を基調とし、各部に白と黒が使われている。 腕部接続フレーム(右:H3+H7+H10、左:H2+H8+H9)が挟み込み式のため、外装部の合わせ目に0. 『OGs』では最初からミサイル非装備、バリアの変化なしである。 裏側にラピーテープを貼っておきました。 数値上は完全にスーパー系。

次の