内田 樹 の 研究 室。 内田樹

コロナ後の世界(内田樹の研究室) | ガジェット通信 GetNews

内田 樹 の 研究 室

冷戦が終わった後はを恐れていた。 他国の成功例を模倣し、失敗例を回避する、これだけです。 もちろん中国を恐れるには十分な理由がある。 まあ、それでいいという人はいいんだろう。 それは社会制度は世界どこでも「ふつうの人はわりと論理的にものを考える」ということを基準に設計されているからである。

次の

コロナ後の世界(内田樹の研究室) | ガジェット通信 GetNews

内田 樹 の 研究 室

こんな馬鹿げた理由で感染拡大を座視した国は世界のどこにもありません。 少なくとも現時点では、アメリカン・デモクラシーよりも、中国的独裁制の方が成功しているように見える。 日本も例外ではなく2020年4月7日には緊急事態宣言が発令されるなどして事例がないだけにびっくりされている方も多いと思います。 たしかに、国内に限っても一極集中の危険性が大きいことは明らかになりました。 でも、「私がやりました」と言わないというのは、ある意味では「合理的な」ふるまいなのである。

次の

桜を見る会再論(内田樹の研究室) | ガジェット通信 GetNews

内田 樹 の 研究 室

だが、この恐怖心は日米同盟のを通じて日本にはそのまま浸透してきた。 「本当の意味での国民経済とは何であろう。 『冬のソナタをめぐって2006 記憶・時間・父性』(イー・エー・ユー株式会社)• 軍も企業も大学も党中央には逆らえない。 それが中国批判についての心理的抑制として働いている。 そして、「成功者を批判することは誰にも許されない」という奴隷根性を深く内面化しているからである。 じゃあ、お金を上げません」で終わりである。

次の

「大学教育の終焉:内田樹の研究室」 赤かぶ

内田 樹 の 研究 室

続きを表示 のための「TURNS」で2年間ほど連載していたをした。 だから、誰も信じないようなでたらめを言い続ける。 つまり世にも例外的に頭の悪い人たちだけで内閣府や安倍後援会は組織されていたというきわめて蓋然性の低い主張によって、首相は「不正が証明できない以上、私は潔白だ」という言い続けているのである。 「たとえ野党が政権をとっても同様」でしょう。 こういう危機に際しては民主国家よりも独裁国家の方が適切に対処できるのではないか・・・と人々が思い始めるリスクがある。 政府が「国家的急務」とみなすがあったとしても、そこに民間の人材や資源を集中するためにるべき手続きが要る。 裁判において弁護人が被告の「心神耗弱」で無罪を勝ち取ろうとするのと同じである。

次の

[B! COVID

内田 樹 の 研究 室

」「ナイアガラーは『日本の』であるから、どこで知り合っても『私、ナイアガラーなんです』とすればたちまち百年来の知己となることができる。 それは総理会見を見れば一目瞭然です。 内田樹の学歴や家族や元嫁は誰? さてさて、まずは気になる内田樹さんの学歴や家族、また元嫁から見ていきたいと思います! 先ずは学歴から見て行きましょう! 東京都大田区下丸子に生まれ、父方の祖母の遠縁の親戚に、参謀本部作戦課長、陸軍大臣秘書官として東條英機の側近だった服部卓四郎さんとい方が居るそうです 1963年に大田区立東調布第三小学校を卒業し、1966年に大田区立矢口中学校を卒業しています。 じゃあ、お金を上げません」で終わりである。 郵政民営化を強行した小泉純一郎も対話的な政治家とは言えませんでしたが、圧倒的な支持率を背にしていました。 「成功者を批判するやつは嫉妬しているだけだ」という考え方がいつの間にか定着した。 内田樹. 結果的に日本人は、人権を無視され、侵害されることをむしろ歓迎するM型となり、少しでも体制の目に留まり、指摘を受けぬように、自分の尊厳を上位者に差し出すことをケチらぬよう、注意する仕事が日常を占めている。

次の

[B! COVID

内田 樹 の 研究 室

執筆: この記事はからご寄稿いただきました。 同年4月、第3回を受賞。 つまり世にも例外的に頭の悪い人たちだけで内閣府や安倍後援会は組織されていたというきわめて蓋然性の低い主張によって、首相は「不正が証明できない以上、私は潔白だ」という言い続けているのである。 それが長く続けば、「どうせなら、いい思いをする側につきたい」という人も出て来るし、冷や飯を食わされている側はしだいに無力感に侵される。 だが、これほど「申し開きのできない証拠」を突きつけられても、首相の「申し開き」は続いている。 それは成功事例や対案の「内容」とは関係がないのです。

次の

安部政権の本質ー「内田樹の研究室」より。 : 幸兵衛の小言

内田 樹 の 研究 室

グローバル企業である兵器産業が自社利益を優先して(のような)不良在庫を軍に売りつけようとするのも止められない。 それは今の日本の政治家や官僚の中にリスクヘッジというアイディアを理解している人間がほとんどいないということです。 そう思った人間がなんと一人もいないのである。 そんなのはね、ウチダみたいな『自分は頭がいい』と思っているやつだけなんだよ。 この「中国恐怖」にまず日本の政官財のが感染した。 日本の大学教育はこのまま終わるのか、それとも再生のチャンスはあるのか。

次の