ノル スパン テープ 副作用。 【ノルスパンテープ(ブプレノルフィン)】って?効果効能・副作用を紹介!

医療用医薬品 : ノルスパン

ノル スパン テープ 副作用

〕 10. 127• 薬剤名 影響 QTを延長する薬剤 QT延長 中枢抑制剤 呼吸抑制 フェノチアジン系薬剤 呼吸抑制 ベンゾジアゼピン系化合物 呼吸抑制 バルビツール酸誘導体 呼吸抑制 全身麻酔 呼吸抑制 モノアミン酸化酵素阻害剤 呼吸抑制 オピオイド系鎮痛剤 呼吸抑制 骨格筋弛緩剤 呼吸抑制 エタノール摂取 呼吸抑制 中枢抑制剤 低血圧 フェノチアジン系薬剤 低血圧 ベンゾジアゼピン系化合物 低血圧 バルビツール酸誘導体 低血圧 全身麻酔 低血圧 モノアミン酸化酵素阻害剤 低血圧 オピオイド系鎮痛剤 低血圧 骨格筋弛緩剤 低血圧 エタノール摂取 低血圧 中枢抑制剤 深い鎮静 フェノチアジン系薬剤 深い鎮静 ベンゾジアゼピン系化合物 深い鎮静 バルビツール酸誘導体 深い鎮静 全身麻酔 深い鎮静 モノアミン酸化酵素阻害剤 深い鎮静 オピオイド系鎮痛剤 深い鎮静 骨格筋弛緩剤 深い鎮静 エタノール摂取 深い鎮静 中枢抑制剤 昏睡 フェノチアジン系薬剤 昏睡 ベンゾジアゼピン系化合物 昏睡 バルビツール酸誘導体 昏睡 全身麻酔 昏睡 モノアミン酸化酵素阻害剤 昏睡 オピオイド系鎮痛剤 昏睡 骨格筋弛緩剤 昏睡 エタノール摂取 昏睡 肝薬物代謝酵素<CYP3A4>を誘導する薬剤 本剤の作用が減弱 フェノバルビタール 本剤の作用が減弱 カルバマゼピン 本剤の作用が減弱 フェニトイン 本剤の作用が減弱 リファンピシン類 本剤の作用が減弱 用法・用量 (添付文書全文) 前胸部、上背部、上腕外部又は側胸部に貼付し、7日毎に貼り替えて使用する。 〕 胆道疾患のある患者〔オッディ括約筋の収縮を起こすおそれがある。 モーラステープL40mgの代わりに20mg2枚貼っても同じ? モーラステープLを半分に切ってモーラステープ20mg2枚の代わりにもできるかな。 人により副作用の発生傾向は異なります。 社内資料:絶対的バイオアベイラビリティの検討. , Drug Metab Dispos, 26 8 , 818-821, 1998. 2).本剤の投与を中止し他のオピオイド鎮痛剤に変更する場合は、本剤剥離後24時間以上の間隔をあける。 本剤を貼付中に入浴する場合は、熱い温度での入浴は避けさせるようにすること。 そこで、これらの痛みを取り除く薬として ブプレノルフィン(商品名:レペタン、ノルスパンテープ)が使用されます。

次の

ノルスパンテープ10mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ノル スパン テープ 副作用

いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 基本的には就寝前に貼付することが多いのですが、寝るときの咳がひどいような患者さんの場合、お昼頃に貼るように指示されることもあります。 5時間、29~31時間貼付開始後4日目:72~74時間、74. 〕 授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせること。 • 2.その他の副作用 1).過敏症:(頻度不明)過敏症(口腔咽頭腫脹、舌腫脹等)。 注意が必要なケース..慢性肺疾患や喘息などで呼吸機能が低下している人、不整脈、肝臓病、腎臓病、麻痺性イレウス、胆道疾患、脳に器質的な障害のある人、ショック状態、薬物・アルコール依存のある人、高熱、激しい運動による体温上昇時、高齢の人など。

次の

【ノルスパンテープ(ブプレノルフィン)】って?効果効能・副作用を紹介!

ノル スパン テープ 副作用

以下にあてはまる方は、• 長期使用後、急に投与を中止すると、不安、不眠、興奮、胸内苦悶、嘔気、振戦、発汗等の禁断症状があらわれることがあるので、投与を中止する場合は徐々に減量することが望ましい。 麻薬というと、依存性とか幸福感といった神経性作用があるので、やばい薬じゃないかと思われる方もいらっしゃいますが、依存性や中枢神経系への作用をできるだけでないように人工的に作られたオピオイドは、ガンやNSAIDsなどの弱い痛みどめでは対応できない痛みに用いられています。 4.貼付期間中: 1).本剤が他者に付着しないよう注意する(本剤の他者への付着に気付いたときは、直ちに剥離し、付着部位を水で洗い流し、異常が認められた場合には受診する)[海外において、オピオイド貼付剤を使用している患者と他者(特に小児)が同じ寝具で就寝するなど身体が接触した際に、誤って他者に付着し有害事象が発現したとの報告がある]。 呼吸機能の低下している患者〔呼吸抑制があらわれるおそれがある。 一方、 リザーバー型は薬物貯蔵層と放出制御膜により、皮膚への薬物透過を長く一定にコントロールすることができるというメリットがあり、ニトロダームTTSなどで採用されている。 5.ショック状態にある患者[循環不全や呼吸抑制を増強する恐れがある]。 肝障害患者における血中濃度(外国人) 軽度及び中等度の肝障害患者(12例、Child-Pugh分類でグレードA及びB)にブプレノルフィンとして0. 薬物・アルコール依存又はその既往歴のある患者〔依存性を生じやすい。

次の

ノルスパンテープ5mgの効果・用法・副作用

ノル スパン テープ 副作用

ミニトロテープを半分に切っても良い? 例えば、ホクナリンテープを切って使うように指示された処方を見たことはある。 日本では、2011年8月に使用が開始されました。 189• ブプレノルフェンは オピオイド受容体部分作動薬と呼ばれる種類の薬になります。 低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立しません。 以下の病気・症状がみられる方は、• 6mgを単回静脈内投与し、引き続き0. (相互作用) 併用注意: 1.中枢神経抑制剤(フェノチアジン系薬剤、ベンゾジアゼピン系薬剤、バルビツール酸系薬剤等)、全身麻酔剤、モノアミン酸化酵素阻害剤、オピオイド鎮痛剤、骨格筋弛緩剤、アルコール[呼吸抑制、低血圧、深い鎮静、又は昏睡が起こることがあるので、減量するなど慎重に投与する(相加的に中枢神経抑制作用が増強する)]。 ニュープロパッチ:本剤をハサミ等で切って使用しないこと。 有効成分に関する理化学的知見. 有効成分のブプレノルフィンはオピオイドと呼ばれる鎮痛薬の部類で、そのなかでも非麻薬系の弱オピオイド鎮痛薬に分類されます。

次の

【ノルスパンテープ(ブプレノルフィン)】って?効果効能・副作用を紹介!

ノル スパン テープ 副作用

まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。 社内資料:マウスにおける組織分布. 依存性(頻度不明) 長期の使用により薬物依存を生じることがあるので観察を十分に行い、慎重に投与すること。 下剤や整腸剤を一緒に服用して対応するケースもみられます。 尿が出にくい、口内乾燥、ほてり• 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。 マトリックス型の貼付剤であれば、切って使用しても効果に問題はないはずだ。

次の

【ノルスパンテープ(ブプレノルフィン)】って?効果効能・副作用を紹介!

ノル スパン テープ 副作用

0025、ログランク検定。 併用のさいは、眠気やふらつき、過度の鎮静、呼吸抑制、低血圧などに留意してください。 • とにかく、処方せん上、これらの薬を「切って使用するように」指示されていたら疑義照会が必要。 ・中枢神経抑制剤(フェノチアジン系薬剤、ベンゾジアゼピン系薬剤、バルビツール酸系薬剤等)、全身麻酔剤、モノアミン酸化酵素阻害剤、オピオイド鎮痛剤、骨格筋弛緩剤: 呼吸抑制、低血圧、深い鎮静、又は昏睡が起こることがあるので、減量するなど慎重に投与すること。 本剤は、非オピオイド鎮痛剤の投与を含む保存的治療では十分な鎮痛効果が得られない患者で、かつオピオイド鎮痛剤の継続的な投与を必要とする日常生活動作障害を有する変形性関節症及び腰痛症に伴う慢性疼痛の管理にのみ使用すること。 本剤貼付中に発熱又は激しい運動により体温が上昇した場合、本剤貼付部位の温度が上昇しブプレノルフィン吸収量が増加するため、過量投与になるおそれがあるので、患者の状態に注意すること。

次の

[mixi]副作用について

ノル スパン テープ 副作用

痛みは脳で感じますが、モルヒネなどの医療用麻薬が作用する時も脳に作用することで痛みを感じなくさせます。 44nMの親和性を示した。 251• (保管上の注意) 遮光。 そのため同製剤は、切断使用を控えるよう患者や家族に説明しなければならない。 作用 【働き】 慢性疼痛の原因疾患として、かなりを占めるのが腰痛症と変形性関節症です。

次の