ファイストス の 円盤。 ファイストスの円盤

【ヴォイニッチ手稿の謎】架空なのか並行世界のものなのかその謎に迫る

ファイストス の 円盤

作者は不明で、制作されたのは15〜16世紀ごろとみられています。 最初の理由は、同じ文字が記された粘土板が他に見つからないことである。 イギリス人の考古学者の分類に従って、上になっていた面をA、下になっていた面をBと呼ぶ。 T・F・カーター著、L・C・グドリッチ改訂『中国の印刷術 その発明と西伝』1、藪内清・石橋正子訳注、《東洋文庫》、1977年9月、70-71ページ。 可能性がきわめて高いと見られるのは,象形文字も含めた他のミノア系文字と同じように,音節文字(それも日本語の仮名と同じCVという開音節構造の文字)であったとする説である。 その話の中で、ファイストスの円盤のエピソードが語られます。

次の

世界の文字

ファイストス の 円盤

ビブロスから取り入れた最初の音節文字がすぐにに、次いで、ではへ、ミノアからに文字が伝わると、(線文字C)へ、さらにに移行していった。 分かっていない部分が多いのですが、クレタ聖刻文字が関係している可能性はあるかもしれません。 ヨーロッパ諸語における「Palace(英)」、「Palast(独)」「 Palais(仏)」、「Palazzo(伊)」という表現は、古代ローマのローマの七丘の一つである「Palatinus Mons(パラティーノ)」に由来する。 ゼウスの子アポローン、アルテミスを生んだ。 ですので、ファイストスの円盤も宗教的な内容、あるいは王からの命令などの可能性は高いとされています。 『たしかに45種類の文字が書かれているということは、45種類のスタンプを作成したということにゃ、たった1つの円盤の為に作成するとは考えにくいにゃ』 解読に成功したと声を上げる人達も… サイラス・ゴードン アメリカの考古学者でウガリット語の基礎研究の礎を築いたサイラス・ゴードンはセム語で書かれたものであると主張する。

次の

ファイストス、イースター島、マヤ… 古代文字の謎

ファイストス の 円盤

1cm、直径16cmの粘土製の考古学上の遺物です。 人間だけではなく、最近ではAIによる解読も始まっているようです。 . 円盤は、紀元前1600年代頃のものと考えられ、現在はクレタ島のイラクリオン考古学博物館に収蔵され、一般にも公開されています。 線文字Bと共通する文字も多いが、未解読である。 2つの多弁花文は目に見え、中央の赤いものは口に見える。 クレタ島の文字には複数の文字体系が存在したが、次第に用途によって分かれていった。

次の

ファイストス

ファイストス の 円盤

新しい!! これを、「最古の物」と呼ぶことが多いが 、印章は印刷史家からは一般的に印刷とは見なされない。 粘土盤の所属年代は,他の出土品から見て,中期ミノア IIIb の層(前 1650 ~ 前 1550 頃)と見られる。 日本語の「御所」は「宮殿」と共に英語のPalaceに意味が近い。 この発見者であるウルフリッド・ヴォイニッチの名前が取られ、ヴォイニッチ手稿と呼ばれています。 120• この円盤に書かれている文字以外見つかっていないことや、ギリシャ語の音節を合わないという点から、解読が難航しています。

次の

【ヴォイニッチ手稿の謎】架空なのか並行世界のものなのかその謎に迫る

ファイストス の 円盤

これを、「最古の物」と呼ぶことが多いが 、印章は印刷史家からは一般的に印刷とは見なされない。 . Pernier)によって発見された,粘土製の円盤に書かれた文字。 乾燥:通常体重の85%をしめる水分を3%以下まで減らしても死なない。 多数の単語がある同一の音節文字の組合せによって表現されてしまう、つまり読めないからだ。 。 古代ミノア文明が栄えた土地で、クノッソス宮殿をはじめとする多くの遺跡を持つ。

次の

忘れへんうちに Avant d’oublier: イラクリオン考古博物館7 クレタの陶器にはびっくり

ファイストス の 円盤

新しい!! 3番目の理由は、円盤に記された文字の数がの音節の数と合わないことである。 このように、現実と絡めたりなどされて題材として使われることもあります。 教訓 ファイストスの円盤は、型を使うことで正確な大量生産を可能にする、という活版印刷に通ずる優れたアイデアで作られています。 ギリシア語の音節に相当する絵文字を用いて文章を表した。 文明や王朝の詳しい記録が残っていないものもあれば、記録らしきものはあるが、その文字の解読が進んでいないため、詳細がわからないものもある。 その一説についてご紹介していきますね。

次の