ケビン ガーネット。 レイ・アレンがケビン・ガーネットやラジョン・ロンドとの関係性を自伝で告白

恵まれた身体能力を武器にタイトルを総なめにしたケビンガーネット

ケビン ガーネット

「セルティックスで自分の背番号が永久欠番になることは光栄であり、感謝している。 しかしトレードは期限直前にその話は立ち消えた。 本のなかでは、アレンはなぜロンドと完全に敵対してしまったのかはわかっていない様子だった。 だがウルブズではプレーオフ1回戦をなかなか突破できず、07年夏にセルティックスへ移籍。 簡単だとは思わないが、今のところうまくいっている。

次の

ケビン・ガーネットはなぜ「ひっそりと引退表明」せざるを得なかったのか|バスケットボール|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

ケビン ガーネット

ラリー・バード 彼は、相手に対し「どんなにがんばっても無駄だ」と言いつつ、次に自分のやるプレーを宣言し、実際にやってのけていました。 ダンカン欠場 プレイオフ 1999-2000プレイオフ 優勝メンバーが揃っていたのにも関わらずダンカンシリーズ欠場で下位シードのサンズに成す統べなく3-1敗退 2001-2002プレイオフゲーム4 こう言ったらスパーズファンに失礼かも知れませんが、ダンカン不在のスパーズは、プレイオフ下位シードにボッコボコにされていたので、上位シードとは思えない悲惨な弱さでした。 昨年ピアースとは関係を修復できたが、ガーネットやラジョン・ロンドとは仲違いしたままだという。 だからこそ、ケビン・ガーネットは、悟ったのかもしれません。 決して目立つプレイはせず、チームを第一に動く姿は多くの人々に好かれました。 ディフェンスは互角でしょう。

次の

ケビン・ガーネットが着用した5番を来季永久欠番にすることをセルティックスが発表

ケビン ガーネット

さらにシュートレンジも広く、高い打点に加えてフェイダウェイでベースラインからミドルラインのシュートも得意としていました。 「たいていの場合、チームはスーパースタータイプの選手と、素晴らしいチームメイトタイプの選手で構成される。 理由は 「いつもトラッシュトークを仕掛けてくるから」で、無表情の ダンカンでも、内心ものすごく嫌がっていたことがわかります。 KGが望むと望まないとに関わらず色んな役割を担っちゃいますから、得点面でサポートしてくれる強力な2nd、3rdオプションが欠かせないと思います。 引退した今でも、彼はその高校レベルの派閥やゴシップに囲まれているのだ。

次の

恵まれた身体能力を武器にタイトルを総なめにしたケビンガーネット

ケビン ガーネット

2010-11シーズンにも問題があった。 デビューから2010年まで、13年間に渡りNBAオールディフェンシブチームに選出されるほどの守備は、スパーズのチームスタイルに影響を与えました。 理由は今シーズン衰えが顕著だったKGに対して、ミニッツ管理はされてましたけど目を見張るほどの活躍をダンカンがしていたからです。 ただ年を取ってから差が出たかなと。 40歳のケビン・ガーネットはひっそりとユニフォームを脱いだ「みんなに、みんなの愛情に感謝している。

次の

NIKE AIR GARNETT(エア ガーネット)ウルヴスのレジェンド | sneaker

ケビン ガーネット

全てを考慮した上で、アレンは他チームと契約するという結論に至ったという。 40歳までの間にできたことができなくなる壁にもぶち当たりました。 中には、今季サンアントニオ・スパーズのティム・ダンカンより700万ドル(約8億5000万円)多い高額の年俸を受け取っているガーネットを批判する声もある。 ケビン・ガーネット 現役No. 差があったとしても、ややダンカンが上か?という程度。 そんな彼についていける選手がいれば良いが、ブライアントは、手を取り合い、仲良くやるようなタイプでは決してなかった。

次の

ケビン・ガーネットとティム・ダンカンはどちらが上ですか。

ケビン ガーネット

個人成績だけで言えば、ウルブズ在籍時(平均19. KGもシュートエリア広かったし、ローポストでの正対しての1対1は強力でしたが、ダンカン比べるとどうしてもね。 ただ、バスケットボールに関わるつもりはなさそうだね。 コービーが熱狂を起こすのは、今季で最後になりそうだね」。 観客も興奮します。 エピソード 欠場理由が前代未聞 NBAでは時折、選手の休養のために欠場をさせる場合がありますが、その場合はたいてい適当な怪我をでっち上げます。

次の

相手の精神をズタボロに!NBAベストトラッシュトーカー6選!籠球最強小僧!バスケの技術を学ぼう!

ケビン ガーネット

ボストン・セルティックスでガーネットと共に繁栄を築き、現在ロサンゼルス・クリッパーズのヘッドコーチ/球団社長を務めるドック・リバースは、ガーネットのキャリアの送り方について、「ケビンらしい」と、語る。 「能力だけならどっちが上か?」「ダンカンとKGの環境が逆だったらどーだったか?」なんて議論はさんざんありましたからね。 チーム戦力云々も多少あるかも知れませんが、ダンカンが不在時のスパーズのプレイオフを見ていたらガーネットよりも戦力が上だからキャリアの差が出たとかとても言えないです。 そして彼の基本的なプレイは、周りの皆も適応しやすかった。 4年目からは9シーズン連続で20得点以上を記録し、引退間際にネッツでプレイするまではシーズン平均で2ケタを切ることはありませんでした。 そしてリベンジに燃える2013-14シーズン、再びファイナルでヒートと激突すると、圧倒的な強さでヒートをねじ伏せ、4勝1敗で 5度目のNBAチャンピオンに輝きました。

次の