ツイン ドラゴン はなはな。 設定判別/立ち回りポイント:ツインドラゴンハナハナ

【ツインドラゴンハナハナ解析】設定判別・設定差のポイント

ツイン ドラゴン はなはな

14) スロマガ設定判別 設定1 — 設定2 — 設定3 — 設定4 — 設定5 — 設定6 — 実践データからの設定推測 設定変更がほぼほぼ確定したツインドラゴンハナハナ。 カードを作る必要がある人は、一度見てみるといいと思います。 22 通常時ベル確率による設定看破は正直厳しいです。 後からしっかりREGが付いてくる台• 6回目のボーナスは、63G・チェリー重複BIG。 REG中のサイドランプ色 REG中のスイカ獲得時 左リール中段に白7をビタ押し に点滅するリールサイドランプの色に応じて設定を示唆している。 しかし、一度大きなハマりを抜けてしまえばそこそこ打てる機種かな?という感じではありました。 高設定ほどスイカが出現しやすい!? 通常時のベル確率が良かったので普段より長めに粘ってみましたが、最終的にも高設定とは思えないデータになりました。

次の

設定判別/立ち回りポイント:ツインドラゴンハナハナ

ツイン ドラゴン はなはな

私みたいにすぐさまぶん回したい人にとっては、慣れるまで多少ストレスを感じます。 設定判別ポイント BIG・REGともに出現率は要チェック!• 結論から言うと、最初に打った本命狙い台が高設定でした。 ベル確率が良かったので粘ってみましたが、さすがにこれ以上は無理ゲーです。 しかし、朝一のガックンはお店側が容易に対策ができますし、初回BIG終了後のパネフラも確実ではありません。 少なくともBIGを引けているという事は、その日の投資額を抑えるチャンスである事は間違いありません。 ホールの状況にもよると思いますが、高設定が使われなくなった時が怖いですね。 BIG・REGごとに演出が異なるので、しっかり網羅しておきましょう! BIGボーナス• あくまで実践値となりますが、実際にスイカの数を数えてあまりにも出ない場合は、低設定の可能性、1BIGで1~2回出現するようであれば高設定に期待が出来ます。

次の

ツインドラゴンハナハナの設定6を打った感想と解析!設定判別の注意点

ツイン ドラゴン はなはな

「バウンドストップ」 第1〜3停止時にリールがバウンドを伴うプレミアム演出だ。 ボーナス後の龍玉の色 今作からパネフラではなく、龍玉に注目。 100G 200G 300G どんどんコインが減っていきます。 【枚数調整用の技術介入要素はナシ】 「ボーナス成立後」 全リールに同じ7絵柄を狙えば、BIGとREGを同時にフォローすることが可能。 こちらは実践値なのであくまでも目安にはなりますが、前作から同様にBIG中のスイカ確率に設定差があります。 遠目からもチェック出来る看破要素なので、ハイエナ狙いの台がREGを引いている時にはつい凝視してしまいます(笑) 他の人のが打つ台の状況も確認しながら立ち回りたいですね。 その後は168G回したところでヤメ。

次の

【ツインドラゴンハナハナ】朝一のハナハナで設定変更を見抜く立ち回り

ツイン ドラゴン はなはな

1000円分のコインで20回転も回らない状況が長らく続けば、マジでヤバイ台の可能性が高まります。 【プレミアム演出発生=BIG濃厚】 「プレミアム点滅」 回転やめしべのみ点滅といった新搭載のプレミアム点滅が存在。 ハナハナはジャグラーと比較して、結構荒れやすいので前日データが明らかに設定1の場合、当日どんなに差枚がプラスであっても、疑わしい時はスパッとヤメにしましょう! 逆にこの台で 「REGが異常に強くて合算も良い、けどBIGが弱い!」という展開だったら、タコ粘りしてましたね。 「フリーズ演出」 フリーズ演出は2パターンあり、どちらも壮大なBGMを伴う。 率直な感想としては、順調にグラフが推移していても一度のハマりがエグイです。 そこから大連チャンして、REG終了後に龍玉ランプがレインボー点滅。 パネルフラッシュ演出の撤去 ハナハナと言えばパネルフラッシュ!というイメージを持っている方が多い中、今回の仕様変更では驚かされました。

次の

ツインドラゴンハナハナ‐30

ツイン ドラゴン はなはな

レギュラーボーナス中のサイドフラッシュ ドリームハナハナから導入されているシステムですが、サイドフラッシュの色によって設定の偶数・奇数を判別する事ができます。 黄 設定2,4,6• ただ今回は、結果的に高設定に設定変更されていなかったというだけです。 実戦のお話 3月3日の日曜日。 ここまで1000Gほど回したんですけどREGが0回なんですけど? REGが当たるまではやりますか。 7を揃えた瞬間の演出も楽しめという事なのでしょうか。 今回の記事ではあえて「設定1と設定6の区別が微妙な、ややこしいスランプグラフ」を紹介しました。

次の

ツインドラゴンハナハナ 打ち方 設定判別 パネフラ 解析まとめ

ツイン ドラゴン はなはな

サイドフラッシュの色 示唆 青 奇数 黄色 偶数 緑 奇数且つ高設定 赤 偶数且つ高設定 レインボー 高設定の可能性大 初心者の場合特に注意して欲しいのが、「赤」や「緑」が1度出現したからと言って、高設定だと思い込んでしまう事です。 コイン持ちのベース(ベル確立) これは非常に大事です。 対象:2020年5月20日以降に認定・検定期限切れとなるノーマルAタイプ• 今回の記事では、ハナハナシリーズの撤去予定日をまとめて掲載しております。 龍玉ランプの導入 龍玉ランプはパネルフラッシュ同様、ボーナス終了時に発動します。 筐体上部のコレですね。 REG中 下記手順をすることで、設定判別要素となるランプ点滅を発生できる。 さらに! 朝一BIGの龍玉ランプと合わせれば、設定変更の精度はより高くなるってもんです。

次の

ツインドラゴンハナハナ30|スペック・解析・打ち方まとめ

ツイン ドラゴン はなはな

実践したのは元マイホームのA店です。 それはそれは気持ちよさそうにボーナスを当てられていました。 今回のA店で狙うはツインドラゴンハナハナです。 設定変更されているかされていないかは、設定上げ狙いをする上で重要です。 そうなると終日打つ価値がありますよね。 入店し、急いでツインドラゴンハナハナのシマへ向かいます。 ハナハナシリーズをはじめとしたノーマルタイプに焦点を絞った場合、以下のようになります。

次の