統合 イノベーション 戦略 2019。 「成長戦略」「未来投資会議」って何?

統合イノベーション戦略推進会議

統合 イノベーション 戦略 2019

大学改革について• 統合イノベーション戦略推進会議とは? まずこの文書を作成した「統合イノベーション戦略推進会議」とはどのような組織なのでしょう。 研究力強化について• また、や等を通じて効果的な BI-Techの事例収集や認定等を実施する予定です。 一例が大学・国立研究開発法人の外部化法人。 0の社会実装 創業や政府事業・制度等における化の推進 2 基礎研究を中心とする研究力の強化 3 国際連携の抜本的強化 4 AI技術、バイオテク、量子技術などの最先端・重要分野 の重点的戦略の構築 報告資料は以下の通り。 機会学習や人工知能、ビッグデータが融合されるかどうか、そういう視点で最新の機械を入れてどこまでオートメーション化するかというのが今後重要な論点となっている。 政策領域:行動インサイトを適用し得る、行動に起因する社会課題の解決に関するもの(実質的に、あらゆる政策領域が対象)• 産業では合成生物学、ゲノム編集、農業分野のロボットやIoTが進んでいます。

次の

統合イノベーション戦略2019

統合 イノベーション 戦略 2019

それを乗り越えるためには海外市場の獲得、生産性の向上、医療・介護に関する社会コストの低減、海外からの人材・資金の活用が必須となっていきます。 このため、行政内に限った取組ではなく、参加者が同じ立場で自由に議論のできるオールジャパンの実施体制としています。 0』への挑戦〜• AI戦略(有識者提案)及び人間中心のAI社会原則(案)について• (2)バイオコミュニティの形成・・・国際連携・分野融合・オープンイノベーションを基本とした国際的なコミュニティの形成。 10月には横浜で3つの大きな会議を開催する。 AI戦略 大学・高等専門学校において数理・データサイエンス・AIをすべての学生が学べるようにする。 オフィス・ホーム分野の市場規模は全世界で約17兆円あり、オフィスなどではレーザープリンターが主流となっています。

次の

「成長戦略」「未来投資会議」って何?

統合 イノベーション 戦略 2019

)を設置する。 レーザープリンターを凌駕する生産性を実現し、環境性能などで固有の価値を持つエプソンのインクジェットプリンターにとっては、ここに大きな成長余地があると考えています。 インクジェットプリンター・レーザープリンターの消耗品に依存したビジネスモデル(カートリッジビジネス)からの転換を進めながら成長• エプソンはモノクロでも大容量インクタンクモデルの商品ラインアップを強化し、お客様の印刷ニーズに対応しています。 。 (令和元年6月21日閣議決定)• 一方で、レーザープリンターからの置き換えは期待に届かず、インクジェットの良さの訴求不足や、お客様ニーズを踏まえた機能やサービスの提供の遅れが反省となりました。

次の

新型コロナ受け、デジタル化加速 政府のイノベーション戦略概要:時事ドットコム

統合 イノベーション 戦略 2019

その中で決定されたものに「AI戦略2019」「量子イノベーション戦略」「バイオ戦略2019」があります。 ムーンショット型研究開発制度に係るビジョナリー会議• 3.政府方針への反映 これまで、 BI-Techを活用した取組を含む環境省ナッジ事業は、政府のAI関連予算事業として位置付けられるとともに、未来投資戦略 2018において、低炭素型製品・サービス・ライフスタイルのマーケット拡大に資するものと位置付けられました。 一方、新型コロナの影響で研究室の閉鎖や投資の縮小が相次いでいるとして、研究や産学連携活動を下支えする緊急支援に取り組むことも盛り込んだ。 0で定められたTEC測定方法による値。 メリットは、共同研究実施のスピードアップ、企業への提案力向上等である。

次の

インクジェットイノベーション

統合 イノベーション 戦略 2019

0の社会実装、創業・政府事業のイノベーション化の推進」「研究力の強化」「国際連携の抜本的強化」「最先端(重要)分野の重点的戦略の構築」を4つの柱として策定された。 第1期中期経営計画での進捗と蓄積した知見を踏まえ、オフィス向けの販売体制を強化するとともに、機能やソリューションの充実などでお客様のニーズへの対応を一層進めます。 2 『統合戦略2019』 2019. 「統合イノベーション戦略」(2018 年6月15日閣議決定)の策定以降、科学技術イノベーションを巡る内外の進展、変化が著しく、同戦略についても強化、見直しが求められていることを背景に、以下の4点を柱として策定されたものです。 商業・産業分野ではデジタル印刷への転換をエプソンが主導するため、多様なお客様ニーズに対応した商品・サービスを効率的に展開するプラットフォーム化の取り組みを進めています。 インクジェットによるオフィス市場開拓の加速• 1 特にスマートシティの実現を通じてSociety 5. 2019. また、デジタル捺染機を用いた実体験とサンプルワークなどを行う場として、新たなテキスタイル・ソリューションセンターをイタリアに加えて日本にも開設し、アジアのお客様への提案・サポートを充実させていきます。

次の

統合イノベーション戦略2019

統合 イノベーション 戦略 2019

今後イノベーションの核となる主要3技術戦略について(AI、バイオ、光・量子) 平成31年3月29日 (第4回)• 次期成長へ向けたプラットフォーム化・商品開発は進展• 教育や研究、公共事業、物流などあらゆる分野でデジタル化・リモート化に向けた基盤整備を進めると明記した。 • 【産業技術本部】. 産学連携も1件当たり200万円程度。 7月中旬にも閣議決定する。 それらの状況を踏まえ、国家としてどこに投資していくかを考えて戦略を立てた。 イノベーション政策強化推進のための有識者会議• 【閣議決定】統合イノベーション戦略2019• 開催状況 第1回 平成30年 7月27日 第2回 平成30年 9月28日 第3回 平成30年12月14日 第4回 平成31年 3月29日 第5回 令和 元年 6月11日 第6回 令和 2年 1月21日 第7回 令和 2年 6月26日 準備中 設置根拠 (統合イノベーション戦略推進会議)• また、大容量インクタンクモデルはこの3年間で大きく売上拡大したほか、戦略商品として高速ラインインクジェット複合機を市場投入しました。

次の