ノベル クリスタル テクノロジー。 会社案内

SiCを上回るポテンシャル? 次世代半導体材料「酸化ガリウム」に熱視線 デンソーなど大手企業が相次いで出資

ノベル クリスタル テクノロジー

電気自動車や再生可能エネルギーの更なる普及にともない、その需要は2030年には現在の約2倍に増大することが見込まれている。 2018• また、ノベルクリスタルテクノロ ジーはNICT技術移転ベンチャーとして、NICTから知的財産の技術移転を受けて事業を行います。 当面はSiCの開発を最優先に進めるものの、将来的には酸化ガリウムへのシフトも視野に、様々な選択肢を持っておきたいという心理が見て取れる。 日経産業新聞(11面)、"パワー半導体、電力損失10分の1 酸化ガリウムで作製 情通機構とタムラ製"、2013年6月20日. 社会全体の高齢化が進む中で、こうした健康管理プラットフォームの開発、確立は大きな意義を持つとして評価された。 当社が半導体関連部材事業で培った材料・加工・量産技術を応用し、ノベルクリスタルテクノロジー社と共同開発を実施することで、酸化ガリウムウェハーおよび次世代パワー半導体の実用化を加速していきます。 AGC旭硝子は酸化ガリウムウェハーの将来性に注目し、本材料を開発・製造するノベルクリスタルテクノロジー社に出資することを決定した。

次の

旭硝子、次世代パワー半導体材料のノベルクリスタルテクノロジー社に出資-酸化ガリウムウェハーを共同開発 :日本経済新聞

ノベル クリスタル テクノロジー

ノベルクリスタルテクノロジーが手がける酸化ガリウム単結晶ウエハー 電力制御などに用いられるパワーデバイスの分野では、既存のシリコンが物性限界を迎えようとするなか、SiC(シリコンカーバイド)やGaN(窒化ガリウム)など次世代パワーデバイス材料の開発が活発化している。 nedo. 電子デバイス産業新聞(半導体産業新聞)(3面)、"【急浮上!酸化ガリウム最前線(第3回)】ノベルクリスタルテクノロジー 低コストな酸化ガリウム基板を作製"、2019年2月21日. こうしたなかで、安価かつ高性能な次世代のワイドバンドギャップ(WBG)材料として注目を集めているのが、酸化ガリウムである。 日刊産業新聞(20面):"NEDOなど 酸化ガリウムパワー半導体 イオン注入で成功"、2018年12月13日. 酸化ガリウムウェハー パワー半導体は、サーバー・家電製品・電車・生産設備など様々な電気機器に組み込まれ、電圧や電流の制御を行い電力の消費を抑える電子部品です。 2014• 実用化で日本メーカーは主導権を握れるか。 またその不足を補完する人材の確保、適材配置が完全に道半ばである。

次の

SiCを上回るポテンシャル? 次世代半導体材料「酸化ガリウム」に熱視線 デンソーなど大手企業が相次いで出資

ノベル クリスタル テクノロジー

研究チームは、エピ成膜方法としてと呼ばれる方法を採用し、結晶面方位、種、成長温度、原料供給量等の成長パラメータを最適化しました。 電子部品の産業機械向けや、電子化学実装関連製品のスマートフォン向けを中心に売上高が伸長している。 またパワー半導体の要求性能は日々向上しており、現在パワー半導体材料として使用されているシリコン材料より、高電圧で使用でき、大電流でも電力損失の少ない材料が求められています。 SiCの2270億円には及ばないものの、GaNの1300億円を超える規模になると予測しており、そのポテンシャルを高く評価している。 今後も大きな需要の伸びが見込まれる半導体関連事業に対し積極的な投資を実施し、半導体産業の発展に貢献していきます。

次の

AI圧縮や酸化ガリウム基板の製造、JEITAが新鋭ベンチャー8社を表彰

ノベル クリスタル テクノロジー

鉄鋼新聞(4面)、"タムラ製作所など 酸化ガリウムエピウエハ開発 次世代パワーデバイス材料に"、2015年10月26日. ベンチャー企業を「成長性」「波及性」「社会性」の3つの観点から総合的に評価して受賞企業を選考する。 低コストな結晶成長により、酸化ガリウム結晶およびデバイスを手がけるノベルクリスタルテクノロジー(NCT)では、2019年中にSiCよりも安い価格水準にできるとしている。 図1 酸化ガリウムエピウエハの断面構造と写真 【背景】 酸 化ガリウムは、日本発の新しい半導体結晶材料です。 日経産業新聞 (7面)、"【先端技術】技術トレンド調査(2011年12月~12年2月) 材料・バイオ・産業応用期待"、2012年4月25日. 日刊工業新聞(25面):"【科学技術・大学】情報通信研究機構 NICT先端研究(41)バンドギャップ大 酸化ガリウム実用化"、2018年5月15日. 電気自動車や再生可能エネルギーの更なる普及に伴い、その需要は2030年には現在の約2倍に増大することが見込まれています *1。 研究チームは、以上の結果を基に、世界初となるパワーデバイス向けの酸化ガリウムエピウエハの開発の成功に至りました。 特に車載分野では今後、EVをはじめとする電動車両が中心的存在となるなか、車両価格の低減は生き残りを図るうえで欠かせない要素となっている。 3 ここが一番の現在における改善点と言えます。

次の

NCT,2インチ酸化ガリウムエピウエハの量産を開始

ノベル クリスタル テクノロジー

日刊工業新聞(17面)、"酸化ガリ素子を開発 情通機構など 損失3000分の1以下 次世代デバイスに"、2013年6月20日. 2001年8月 マイクロノズル用電鋳技術の開発及び設備販売 本社を埼玉県新座市に移転 2002年6月 液晶パネル用電鋳技術の開発及び設備販売 2003年3月 MEMS向け電鋳技術の開発 姫路工業大学(現兵庫県立大学)の地域コンソーシアムに参加 同年、大型電鋳装置の開発及び設備販売 ニッケル合金メッキ液の開発開始 2004年9月 ディスプレイ界最大の大型電鋳装置の開発及び販売 2005年9月 韓国に於いて設備販売の開始 2006年10月 台湾にて設備販売の開始 台湾液晶メーカーにパソコン用ディスプレイ用大型電鋳装置販売 2007年4月 パルスPR電源及び制御ソフトの開発 医療器用マイクロノズルに採用される 2007年10月 ブルーレイディスク用の電鋳技術の開発 2011年2月 パルスPR電源用電鋳設備で美容器部品製作に採用される 同年、ディップ式全自動搬送式メッキ装置の開発及び販売 同年、台湾ディスクメーカーにブルーレイディスク用電鋳装置として採用される 2012年10月 新規事業としてライフサポート事業部を立ち上げる Access. 電波タイムズ(1面)、"酸化ガリウムエピウエハを開発 ノベルクリスタルテクノロジーが製造・販売開始 NICTなど"、2015年10月28日. 東脇氏も「SiCと酸化ガリウムの完成度は雲泥の差がある」と認めており、いわば産まれたばかりの赤子の状態。 タムラ <日足> 「株探」多機能チャートより タムラ製作所に注目。 電子デバイス産業新聞(8面)、"タムラ製作所など 酸化ガリウム事業化 エピウエハー販売開始"、2015年11月19日. 週刊エコノミスト4月2日号、pp. 第5回の受賞企業は以下の通りだ。 パワー半導体として用いた場合、スイッチング損失が小さいという利点がある。 PDF (74KB). 読売新聞(15面)、"省エネ、低価格トランジスター 酸化ガリウムで大電力制御"、2012年2月5日. 電波タイムズ(1面)、"縦型酸化ガリウムのトランジスタ開発に成功 イオン注入ドーピングを用いて NICT/農工大"、2018年12月19日. これらにより、パワーデバイス用エピとしての性能を満たす、1nm以下の表面粗さと、10 16cm -3台の低キャリア濃度領域での制御が可能となりました。 デジタル機器を扱う会社である時に、経営トップはデジタル機器、オムニ販売チャネルの激変に追従する視点が不足しているし、その勉強も出来ていない。

次の

次世代パワーデバイス材料、酸化ガリウムエピウエハを開発(株)ノベルクリスタルテクノロジーが製造・販売を開始 |タムラ製作所

ノベル クリスタル テクノロジー

2017年11月には、タムラ製作所との共同で、世界初の酸化ガリウムエピタキシャル膜を用いたトレンチMOS型パワートランジスタの開発に成功するなど、世界に先駆けて酸化ガリウムを用いたパワー半導体の実用化に向けた取り組みを進めている。 国別受賞数で日本は2位に後退した。 以上、日本の企業は多かれ少なかれ多くが同じ問題を抱えているが、それでもキヤノンでこれから長期間勤めあげようと社員は、きっと新しい息吹の吹き込まれた未来を夢見ていいかも知れない。 但しその前に相当な荒波、特に外圧を覚悟する必要はあるであろう。 米国でも開発活発化 実際に17~18年にかけて、酸化ガリウムを手がけるベンチャー企業への出資が相次いでいる。

次の

旭硝子、次世代パワー半導体材料のノベルクリスタルテクノロジー社に出資-酸化ガリウムウェハーを共同開発 :日本経済新聞

ノベル クリスタル テクノロジー

科学新聞(1面)、"イオン注入ドーピング技術採用 縦型酸化ガリウムパワー半導体"、2018年12月21日. 次世代パワー半導体の材料として注目されており、2030年には200億円規模の市場が見込まれます *2。 同賞はIT/エレクトロニクス技術分野の総合的な発展や経済発展に貢献が見込まれるベンチャー企業を表彰する。 それらの技術を組み合わせることにより,エピ膜厚の均一性16. 研究チームは、以上の結果を基に、世界初となるパワーデバイス向けの酸化ガ リウムエピウエハの開発の成功に至りました。 今回は8社のベンチャー企業が受賞した。 電波新聞(8面)、"NICTと東京農工大 イオン注入ドーピング技術を利用 縦型Ga 2O 3トランジスタ開発に成功 量産に適し高い汎用性、低コスト"、2018年12月21日. 日経エレクトロニクス、pp. 日刊工業新聞(9面)、"酸化ガリウム単結晶基板 半導体材料に利用 情通機構トランジスタ開発"、2012年1月6日. またパワー半導体の要求性能は日々向上しており、現在パワー半導体材料として使用されているシリコン材料より、高電圧で使用でき、大電流でも電力損失の少ない材料が求められている。 クラリベイト アナリティクスは革新性の高い企業を選出する「Derwent Top 100 グローバル・イノベーター 2020」を発表した。

次の

プレスリリース

ノベル クリスタル テクノロジー

電子デバイス産業新聞 副編集長 稲葉 雅巳 参考記事. クラウドを介して患者が自宅から心電波形などの生態データを医療機関に送信することで、医療機関にいる医療従事者はデータに基づいた指導、管理を実施できる。 2014• 今後成長が見込まれるパワーエレクトロニクスに向け、 大学・研究機関・メーカーなどへの供給を行います。 更に,融液法によりバルク単結晶を育成出来ることから,将来的に、SiCやGaNに比べて、低価格で高品質な基板を市場に提供することができる。 また、最終的な評価は総務部が管理しているため全体的な評価で判断し調整している。 新聞 2019• 科学新聞(1面)、"酸化ガリウムトランジスタ NICTが世界で初めて実現 民間企業と共同、動作実行に成功 次世代パワーデバイス候補に有力"、2012年1月23日. 安全性が高い自動車の自動走行支援システムの実現に向けて、全国の高速道路や自動車専用道路の自動走行用地図の作製事業を推進している。 パワー半導体の市場規模は急速に拡大し、2025年に3兆8千億円規模、2030年に4兆7千億円規模に増大する見込みだ。

次の