それ を 言っ たら 戦争 だ ろう が。 「戦争」は、興味があるか無いかの「娯楽ジャンル」になった?

「戦争」は、興味があるか無いかの「娯楽ジャンル」になった?

それ を 言っ たら 戦争 だ ろう が

Q:それでお姉さんは、「ろうと分かることをするな」というのは、何かを禁止されたんですか? 「ろうの友達に会っても手話で話をしたらだめ」とか。 なんなのコイツ!? Q:この民主主義っていう教科書はいつ? そうですね。 戦争があったということがいちばん悪いというふうに思っています。 それで、そういうあれをあえて墨塗りをしたんだと思いますね。 真っすぐ手が上がりません。

次の

「戦争」は、興味があるか無いかの「娯楽ジャンル」になった?

それ を 言っ たら 戦争 だ ろう が

なるほど、合理的に物を考えているんだなと。 韓国のこともよくSNSで話題になるけど、そういうのも歴史を知らないと、偏った思想の発言を鵜呑みにしそうで怖いですね。 生きていくことに、何て言うかすばらしさを求める。 軍国少年だったという堀さん。 「私は小学生の頃に『はだしのゲン』を読んでた時のイメージが強くて」 と言ったら、ネイリストさんから 「『はだしのゲン』読んだこと無いんですよ」 と言われました。

次の

「戦争」の価値観が違う男性とは、恋愛も結婚もできない?

それ を 言っ たら 戦争 だ ろう が

これは、昭和14年の5月ですね。 かんなも左腕に力が入らないので、きれいに削れないので木工の仕事は辞めました。 だからこれなんかまだいい方で。 Twitterでも「この俳優好きだけど、この人好きじゃないから観ない」ってツイートしてる人がいました。 これなんかはもう完全に破けてますね。 64 朝日を「売国新聞、国賊」と 国民はガンつけてるだろうけど シナの軍艦が自衛艦に照準を合わせたら ガンつけどころではすまんだろう これはもう宣戦布告だ〜 殺されても殺すな〜!と言う奴を連れて来いよ シナの手先、国賊、売国奴、マスゴミを前面に立たせよう ふ…… l. あの人は満州で教科書作ってましたからね。

次の

堀 登喜雄さん|証言|NHK 戦争証言アーカイブス

それ を 言っ たら 戦争 だ ろう が

かぎ棒で引っかけて。 「悔しい、だからみんなには分からないように、聴こえないことを隠しなさい」と姉から言われました。 私としては、ネイリストさんに「二つの祖国」の予告で見た、新田真剣佑が 「写真でしか見たことがない天皇陛下より、僕にとって大切なのはルーズベルト大統領だ」 というようなセリフを言っていたことについて話してみたかったのですが、多分共感はしてもらえないよなーと思いつつ、少しでも分かりやすい例を考えてみました。 その次は、教育に関する勅語で、これは「朕惟フニ我ガ皇祖」。 こんなやつらが生きてて、こんなやつがこんなおっかないこと言ってるんだっていうふうにそん時思ったけどね。 悲惨さを知ることと、戦争反対について考えるのは、視点がちょっと違う気もするんです。

次の

面と向かって好きじゃないとか!? それ言ったら戦争だろうが!!

それ を 言っ たら 戦争 だ ろう が

墨を塗りながら、何か気持ちの悪い思いだよね。 これなんか見ると。 「いずれこの墨は全部引っ剥がす、大日本帝国を復興させる」と思った。 うのみにするな、みたいなことまでね、まあ、民主主義を指導するために、何ていうのかな。 これは、10で57ページだから。

次の

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

それ を 言っ たら 戦争 だ ろう が

おもしろいねえ、これ。 教科書です。 音が聞こえない中での戦争、被爆の体験です。 本気でそう思ってたやつが全部ひっくり返るわけですよね。 まったく情報がありませんでした。

次の

「戦争」の価値観が違う男性とは、恋愛も結婚もできない?

それ を 言っ たら 戦争 だ ろう が

この「「あじあ」に乗りて」っていうのは、要するに本文の教材じゃなくて、付録の部分でね、これは多分、石森延男(1897-1987 児童文学者)が書いたんじゃないかと思われるんです。 これはね「軍艦生活の朝」って、海軍のあれが入ってたんですね。 「民主主義とは」っていってこうやってね、世界をつなげ、花の輪にしよう。 それ見た時、脅威だったですね。 それ見た時びっくり仰天したね。

次の

山中 恒さん|証言|NHK 戦争証言アーカイブス 戦後日本のあゆみ

それ を 言っ たら 戦争 だ ろう が

それから、ついこないだまで暴力的にしつけをやった教師のこと、皆知ってるからね。 そん中のあれに「一(ひとつ)軍人は忠節を尽くすを本分とすへし」とあって、箇条書きは頭の部分から取ってきてるだけなんだよね。 だから、被害がひどかったんです。 夏はいつも、そんなことを考えてしまいます。 初めてね(敗戦2か月後の)10月の頭だったかな。 全国の学生何とか大会っていうのにね、日の丸かなんかをね、 どでかい日の丸をね、それぞれの学校にね、つまり下賜された。

次の